ブログ

アーカイブ : 2015年11月

2015.11.30

手作り結婚指輪のデザインと寸歩の相性

手作り結婚指輪、手作り婚約指輪の専門店リトエは、東京の表参道にお店を構えています。

JR原宿駅から徒歩6分、東京メトロ表参道駅から徒歩6分、明治神宮前駅から徒歩3分の、アクセスに便利な場所です。

みなさまぜひお気軽にお越しください。

前回に引き続き、指輪の寸歩について書いていきたいと思ってます。

今回は、指輪のデザインと寸歩の相性について書いていきます。

まず指輪の厚みについてですが、一般的には1.5ミリ程度の商品が多いです。

これは細身のデザインや、標準くらいの幅のデザインにとって、バランスが良く見える寸法になります。

とても細いデザインをご希望の方ですと、1.5ミリより細い厚みを希望されることもあります。

指輪のサイズも関係してきますので、女性で1.3ミリくらいをご提案することもありますが、あまり細すぎると強度に不安が出てきてしまうので、1.3ミリをご提案することは珍しいです。

次回は1.5ミリ以上の厚みの場合について書いていきます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.30

手作り結婚指輪の一般的な寸歩

世界に一つの結婚指輪をふたりで手作り出来る、手作り結婚指輪の専門店リトエです。

世界に一つの手作り結婚指輪とは、おふたりが想いを込め、願いを込めて作ることと、私たちがしっかりとおふたりの理想に導くことで生まれると思っています。

結婚指輪を手作りするときは、デザインだけでなく指輪全体の寸歩も考えなくてはなりません。

結婚指輪には一般的な寸歩がありますが、いろいろなデザインを試着することで、理想のデザインと、それを叶える寸法を導いていきます。

寸法はデザインだけでなく、強度にも大きく関わってきます。

結婚指輪の厚みは、一般的には1.3mm?2.0mmほどが多いです。

寸法に差があるのは、指輪のサイズ、デザインや幅によって、適性の寸法が変わってくるからです。

結婚指輪の幅は、一般的には2.0mmほどを細身、3.0mmほどが普通で、4.0mmくらいになってきますと、かなりしっかりしたイメージです。

最近はやや細身のデザインが多いです。

次回は、寸法とデザインの相性を書いていきます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.29

手作り結婚指輪の寸歩

結婚指輪をおふたりで手作りすることが出来る、手作り結婚指輪。婚約指輪の専門店リトエです。

リトエでは、世界に一つの結婚指輪を、おふたりの手で作ることが出来ます。

このブログでは、指輪のつけ心地や、強度について書いてきましたが、今回からは寸歩について書いていきたいと思います。

指輪の寸歩は、つけ心地や強度に大きな関係をしていますが、デザイン性や価格にも関係してくる、ともて重要なポイントです。

皆様それぞれ好みはあると思いますが、いろいろと試着することで、似合うデザインも見つけることが出来ます。

理想のデザインを叶えるためには、それに見合った理想の寸法があります。

手作り結婚指輪においては、おふたりが手作りをしますので、理想の結婚指輪がおふたりが手作り出来るように、私達がお手伝いさせていただければと思っております。

次回から結婚指輪の寸歩について深く書いていくと共に、失敗しない手作り結婚指輪についても書いていきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.29

手作り結婚指輪の強度と寸歩

手作り結婚指輪の専門店リトエは、東京都渋谷区神宮前6丁目にお店を構えています。

JR原宿駅から徒歩6分、東京メトロ表参道駅から徒歩6分、明治神宮前駅から徒歩3分と、とてもアクセスもいいです。

みなさまお気軽にお越しください。

前回のブログに引き続き、指輪の強度について書いていこうと思います。

指輪の強度については指輪の製法は大きく関わりますが、リトエではプロと同じ製法で仕上げていますので、一般のジュエリーとくらべて強度が落ちることはありません。

指輪の強度において製法とは別に、指輪の寸歩も大きく関係してきます。

あまりにも薄すぎる指輪は、歪みや曲がったりなどの恐れがあります。

ある程度しっかりした寸歩の方が、永くご愛用いただく結婚指輪、婚約指輪には適していると考えています。

今度は太すぎる指輪ですが、これは強度はしっかりしてきますが、ゴッツく見えたり、価格が高くなる傾向があります。

太いのが好みの場合であればいいですが、しっかり試着して決めることをおすすめします。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.28

手作り結婚指輪は、一般の指輪と比べて強度が落ちることはありません。

手作り結婚指輪、婚約指輪を中心とした、ブライダルジュエリーの専門店リトエです。

おふたりの手で、結婚指輪を作ることもできますし、リトエオリジナルのデザインからオーダーいただくことも承っております。

結婚指輪、婚約指輪は、一生ものなのでデザインだけでなく、強度にもこだわりたいです。

そこで、指輪の強度について、深く書いていこうと思います。

まず指輪の作り方ですが、おふたりにはロウ素材のワックスを使用し、指輪の原型作っていただいています。

このワックスを使い指輪を作っていく方法を、ロストワックス製法と呼び、指輪制作においてプロも使っている最もポピュラーな方法です。

一般のジュエリーショップに並んでいる大半の指輪はこのロストワックス製法で作られていますので、同じ製法で作られた手作り指輪が、一般の指輪と比べて強度が落ちることはありません。

リトエの手作り指輪は、仕上げはプロの職人が行いますので、ワックス原型からの工程はお任せください。

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.28

手作り結婚指輪の強度

結婚指輪をおふたり自身で手作りすることが出来る、手作り結婚指輪の専門店リトエです。

手作り結婚指輪では、おふたりが結婚指輪を作るので、世界に一つの結婚指輪を作ることが出来ます。

結婚指輪を自分たちで作ることは、想いを込められたり、想い出作りになったりなど、特別な時間を過ごすことが出来ます。

しかしその半面、「初心者が指輪を作って大丈夫なのか?」「手作りだと強度はしっかりしているか?」など、不安もあると思います。

リトエで結婚指輪を作る方のほとんどが、指輪を作ることが初めてなので、不安があるのは当然だと思います。

実際は、どなたでも簡単に手作りで指輪を作ることが出来ますが、その内容についてこのブログで書いていこうと思います。

まずは、手作り結婚指輪の強度について深く書いていくことで、少しでも不安を解決出来たらと思っています。

次回から本格的に、手作り結婚指輪が出来るまでの流れ、仕上げ方法、デザインなど、さまざまな角度から強度について書いきます。

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.27

手作り結婚指輪が重すぎる場合

手作り結婚指輪の専門店RITOEでは、おふたりだけの世界に一つだけの結婚指輪を叶えることが出来ます。

見学や体験も出来ますので、お気軽にお越しいただければと思います。

前回に引き続き、指輪の重さがつけ心地に関わる影響について書いていきたいと思います。

指輪が重いと、単純に指が凝ることがあります。

この凝る感覚は、それぞれ差がありますので、一概には言えませんが、以前聞いた職人さんの個人的な意見によると16グラム以上はおすすめ出来ないと言っていました。

前回も書きましたが、結婚指輪の重さの平均はペアで6?9グラム程なので、1本16グラム以上とは、凄い指輪になりそうです。

なかなか16グラム以上をこのまれる方は少ないと思いますが、確かに16グラムもの指輪を薬指に着けていたら指輪が凝りそうです。

指輪は着けてる感があまりないものを好む方もいれば、着けてる感を好む方もいるので、重さの好みも様々ですが、いろいろと試着をすると好みも見えてくると思います。

RITOEでも、様々なデザインサンプルがありますので、お気軽にお越しください。

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.27

手作り結婚指輪の重さが関わるつけ心地

結婚指輪をおふたりで手作りすることが出来る、手作り結婚指輪の専門店RITOEです。

RITOEは、東京の表参道にお店を構え、JR原宿駅から徒歩6分、東京メトロ表参道駅から徒歩6分、東京メトロ明治神宮前駅から徒歩3分の、アクセスにとても便利な位置にあります。

おふたりにとって、一生ものの結婚指輪を、永くご愛用していただきたいと思い、指輪の仕上げにも特にこだわりを持っています。

指輪のつけ心地について書いてきましたが、今回は重さが関わる指輪のつけ心地について書いていこうと思います。

結婚指輪の重さですが、デザインや金属にもよりますが一般的には、ペアで6?9グラム程です。

あまりにも軽すぎる指輪は、つけ心地の以前に強度が心配になります。

逆に重すぎる指輪は、肌が触れる面積が増えますので、圧迫感も増すということになります。

指輪を着け慣れている方であれば、大きくて重いほうが好みということもありますが、初めての指輪が結婚指輪という型は、しっかり試着をすることをおすすめします。

次回も重さについて書いていきます。

2015.11.26

手作り結婚指輪のつけ心地のために、外側にも工夫しています。

世界に一つの結婚指輪をおふたりが手作り出来る。

手作り結婚指輪の専門店RITOEです。

10年20年と結婚指輪を永くご愛用いただくために、おふたりが作る結婚指輪RITOEではさまざまな工夫をしています。

指輪に直接肌が触れる指輪の内側だけでなく、指輪の外側にも工夫し、つけ心地にこだわった仕上げをしております。

例えば、平打デザインのようなエッジのきいた指輪の場合、指輪をつけ慣れていない方が日々の生活のなかで、カドが中指と小指にあたり、気になるということがあります。

エッジがっきいたほうがカッコ良く見えることがありますが、手に優しく馴染むように、フラットなデザインを損なわない程度にカドを少し取ることで、指馴染みが変わってきます。

しっかりエッジがきいてデザインに見えて、指を閉じた時にも優しい。

そんなデザインをご提案していきたいと思っております。

次回は指輪の重さも、つけ心地に重要ですので、重さについて深く書いていきたいと思います。

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.26

手作り結婚指輪のつけ心地のこだわりは、内側だけではありません

世界に一つの結婚指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店リトエ。

リトエでは、おふたりが一生身につけることが出来る結婚指輪が作れるように、ご一緒に形にしていきます。

永く結婚指輪をつけるために、大切なことが指輪のつけ心地です。

指輪のつけ心地は指輪の内側だけが取り上げられることが多いですが、外側も大きく関係してきます。

甲丸デザインのように、全体的に丸みのあるデザインはつけ心地がいいことが多いですが、丸みのあるデザインでもバランス悪く分厚いデザインではつけ心地が悪くなることがあります。

それは、指を閉じた時に締まりが悪くなることがあるからです。

分厚いデザインの場合、指がしっかり閉じず、両隣の中指と小指に負荷がかかってしまいます。

つけ心地を考えると、指輪のバランスもとても重要です。

次回は、指輪の外側のつけ心地について、平打デザインなどのエッジがきいたものや、重さについて、さらに書いていこうと思います。

※手作り指輪の品質についてはコチラ

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約