ブログ

アーカイブ : 2016年

2016.12.29

男性の特性、女性の特性

恋愛での男女の違いについて紹介しています。
今回は、男は単純(あるいは不器用)だということを紹介します。

男性はひとつのことに集中することが得意です。
逆にいうと、一度にたくさんのことをするのが苦手です。
女性はというと、同時に複数のことをやったりするのはなんの問題もありません。

例えば、二人でテレビを見ているとしましょう。
男性はテレビをみると、そこに集中します。
女性はと言うと、テレビをみながら会話もできてしまいます。
女性によってテレビをみながら会話はできて当然だと思っています。
ところが、男性が会話に応じれないので、女性としては無視されていうのでは、と思うわけです。
一方、男性側としては、テレビをみているというのに、会話で邪魔しないでくれよ、となるわけです。

こんなことでケンカをしたりしていませんか。
お互い特に悪気があるわけではないのです。
男女の違いを知っておけば、避けられるわけです。
男性の特性、女性の特性を知って、相手を思いやるようにしましょう。

2016.12.27

悩みがある時の男女の行動について

恋愛での男女の違いについて紹介しています。
前回までで、会話の仕方や内容について紹介してきました。
今回は、悩みがある時の男女の行動について紹介します。

悩みがある時、男性は一人で考え込み自分で解決しようとすることが多いです。
女性の場合は、悩み事は話をして、共感してもらおうとします。
この違いを知らないと、ちょっともめたりします。

男性が自分で考えていると、女性はいいから話してみてよ、となります。
男性からすると、おせっかいに感じるかもしれません。
はたまた、信用がないのかと思うかもしれません。

女性からすると、悩みは話すものなのです。
ただ、女性の場合は、解決しなくても話して共感してもらえたら、それでスッキリすることも多いです。
逆に、共感を得られないともめたりします。

もし、相手とケンカをしてしまったら、男性はさっさと謝ってしまうとよいでしょう。
男性はついつい自分一人で考え込んでしまいなので注意です。

男性は一人でがんばる、女性は共感を求める、ということなんですね。

2016.12.25

男女の日常的な会話での違い

恋愛での男女の違いについて紹介しています。

日常的な会話での違いがあります。
女性は共感を求めるので、いろんなことを話します。
一緒に行動をしたいとも思います。

一方で男性はそういうことはありません。
特に疲れているときは、無口になることがよくあります。
男性にとっては当たり前でも、女性にとっては無口なのは不思議に思います。
女性は疲れていても無口になることはありませんので。

女性は、男性が無口なときは、疲れているのかなと気遣うとよいでしょう。
男性はというと、疲れていても、できれば何か話をするとよいでしょう。
何があってこうも疲れているのか話をすると、女性はとても共感してくれることでしょう。

また、会話の内容は、女性は人間関係について話すことが多いです。
男性にとってはどうでもいいと感じるかもしれません。
あるいは逆に細かいことが気になるかもしれません。
男性は、女性の話にはともかく共感しておく、ということが重要です。

2016.12.23

恋愛での男女の違いとは

恋愛をしていて、思っている以上に相手が自分と違うなぁと思うことはありませんか。
ひょっとしたら男女の違いによるものかもしれません。
恋愛での男女の違いについて、紹介していきます。

まず、手をつなぐ時、男性はちょっと照れたり恥ずかしかったりする傾向にあります。
女性はスキンシップは得意なのでなんの問題もないようです。
中学生、高校生をみても、女性はよく友達同士でスキンシップを楽しんでいますよね。

恋愛では、男性も気にせずに手をつなぐようにすると良いでしょう。

話をするときも、違いがあります。
女性は、相手を正面に目を見ながら話すことが多いです。
男性は相手の目をずっと見て話すことは少ないです。

会話中に男性が視線をずらしたとしても特に問題はないのです。
逆に、女性がじっと視線を合わせてきても、やはり特に何も問題はありません。

視線が違っていても、それは男女の違いによるもの、だと考えておきましょう。
男性はなるべく女性の目をみて話すほうがよいですね。

2016.12.19

男女でのケンカをしたときの違いについて

男性と女性とでは、考え方が基本的に違うことがあります。
今回は、男女でのケンカをしたときの違いについて紹介します。

男性は、ケンカをしたとき、戦うor逃げるの2択になってしまいます。
もし好きな相手とケンカをしたなら、相手を説得してしまうか、それとも話をできるだけ早く終わらせて切り上げるかのどちらかになるわけです。

ところが、女性はというと、共感を求めるので、自分の気持ちをわかってほしい、となります。
ささやかなことが原因でケンカをした場合なら、相手に自分の気持を伝え、その気持を共感してくれたら、それで良かったりします。

男女でこのような違いがあるので、ケンカがなかなか終わらなかったりします。
女性が自分の気持ちを男性に伝えると、男性は説得しようとします。
説得では、自分の気持ちを何もわかってもらえないと、ますます女性の気持ちが滅入ってくるわけです。

ケンカのときは、男性は女性の言ったことを繰り返して相槌をうつなど、共感するようにしましょう。
たいていの原因は本当にささやかなものですから。

2016.12.17

男女の共有の仕方について

男性と女性とでは、考え方が基本的に違うことがあります。
前回は、喜ぶポイントの違いについて紹介しました。
今回は、男女の共有の仕方について紹介します。

女性は、自分の感情や気持ちを相手と共有するのをとても楽しく感じます。
相手にすすめてもらった本や映画でもあっても、つまらなかったら、つまらなかったことを共有して盛り上がるのです。

一方で、男性は気持ちを共有して楽しむ、というのはありません。
もし自分が勧めた本や映画が相手にとってつまらなかったら、失敗した、という気持ちになります。
男性は相手にいかに喜んでもらうか、ということを考えていますので。

男女でこのような違いがあるので、女性は男性に勧められたものの感想については伝え方を気をつけたほうがいいでしょう。
つまらないものを面白かったと嘘を言う必要はありません。
自分には合わなかったけど、オススメのものが見れて嬉しかった、というようなことを伝えたら大丈夫です。
ともかく喜んでいれば男性は満足します。

2016.12.15

男性と女性との、喜ぶポイントの違いについて

男性と女性とでは、考え方が基本的に違うことがあります。
今回は、喜ぶポイントの違いについて紹介します。

男性には喜びに大きさがあっていっぺんに大きな喜びをすることを望みます。
誕生日にサプライズをしたがるのも男性の特徴です。
喜びに大きさがあるので、大きなイベントで好きな相手を喜ばせたら、それで100ポイントくらい満足させた、と思うのです。

一方で、女性には喜びの大きさはありません。
日常的なささやかな喜びも、大きなイベントでの喜びも同じ1ポイントといった感じなのです。
「髪型が変わったことに気づいてくれた」とか「服装を褒めてくれた」というのも、「誕生日にレストランでサプライズしてくれた」というのも同じレベルになるわけです。

ここから男女の誤解がうまれることがあるわけです。
男性にとっては誕生日のお祝いでがっつりポイントを稼いだので、しばらく何もしなくてもよいと思ってしまうわけです。
ところが女性にとっては最近何もしてくれない、と思ってしまうんですね。
むしろ、日常的に女性が男性に対し褒めたり気がついたりして、私のほうが多くのことをしている、と思ったりします。

この喜びの違いについては男性も女性も十分気をつけるようにしましょう。

2016.12.13

男性と女性との、相手を好きだと感じるときの違い

男性と女性とでは、考え方が基本的に違うことがあります。
今回は、相手を好きだと感じるときの違いについて紹介します。

男性はシンプルで集中力があるのですが、一度に複数のことができません。
仕事をしていれば、仕事のみになります。
友人と遊んでいれば、その遊びのことに集中するわけです。
何かしているときは、そのことに集中するので、その間はとくに好きな相手のことを考えません。
仕事が終わった時や、集中がきれた時などに、ふと思い浮かべて相手のことが好きなんだなと感じたりします。

女性は一度に複数のことができます。
好きな相手のことを常に考えながら仕事ができてしまいます。
いつでも相手のことを考えてしまい、好きなんだなぁと感じるわけです。
このため、女性が恋すると仕事の効率が落ちたりするようなドラマや漫画があったりするのです。

相手を好きだと感じるのに、男性と女性とでは大きく違います。
女性は、男性が仕事ばかりしていてメールが来ないからといって、嘆くことがあります。
男性が一度に複数のことができないことであるため、仕方がないのだと思うようにするといいかもしれません。

2016.12.11

年末年始の営業日について

年末年始の営業日についてご案内です。

・2016年 12月
28日、29日、30日、31日は通常営業いたします。

・2017年 1月
1日、2日、3日、を休業日とさせていただきます。
4日からは通常営業いたします。

何卒、よろしくお願いいたします。

2016.12.11

片思いのときは、男性と女性とではどのように違うのか

男性と女性とでは、考え方が基本的に違うことがあります。
前回は、男性と女性とで好きになった理由の違いを紹介しました。

片思いのときは、男性と女性とではどのように違うでしょうか。

男性は、相手を好きになると、行動に出ることが多いです。
相手に自分を好きになってもらうにはどうしたらいいか考えて、試していくわけです。
いつデートに誘おうかな、どこに行ったらいいかな、何をするのが好きなのかな、と考えて、計画したり段取りを決めていきます。

女性はというと、相手が自分をどう思っているのかを知りたい、と思うことが多いです。
好きな相手の行動をみて、脈ありなのかな、なんとも思ってないのかな、それとも嫌われているのかな、とかを考えます。
感情の起伏も激しくなり、相手の言動にとても影響されてしまいます。

友人に対する相談内容でも、上記の違いが出てきます。
男性は、友人への相談にデートの誘い方をするでしょう。
女性はというと、友人への相談には、好きな相手の行動を説明し、これって私のことをどう思っているのかしら、というようなことを聞く傾向にあります。

次の記事では、相手を好きだと感じるときの違いについて紹介します。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約