ブログ

アーカイブ : 2017年5月

2017.05.31

新郎新婦へのサプライズビデオ2

新郎から新婦に送られたサプライズメッセージ。
ただ、ただ感動でしかなかったのですが、その理由を聞いて式場にいたみんな、ハンカチ無しでは見られないとても素敵なサプライズムービーになったのです。
新郎は、仕事が忙しく遅いときには12時過ぎに帰宅していたそうです。
子どもを身ごもった女性であれば文句の一つも言いたくなりますよね。苦笑
けれど、新婦は文句ひとつ言わず一生懸命新郎を支え続けたのです。弱音も履かず、常に笑顔でいてくれたので、新郎はどんなに辛いときも乗り越えてこれたそうです。。
文句を言いたかった時もあったと思います、100点の旦那ではないと思います、でも、自分を支え続けてくれた新婦さん、そしてお腹の中の子どもの為にこれからは、しっかりと頼れる「父親」になろうと心に決めたとの思いをのせて…新婦さんへ向けてのメッセージでした。
ムービーが終了した後、改めて新婦さんへ誓いの言葉を言った新郎。
会場からは、割れんばかりの拍手が起こりました。
友人から送られるサプライズムービーに新郎が登場。色んな意味でのサプライズムービーを体験した筆者でした。
気持ちを言葉にするって、とってもいいことですね。

2017.05.29

新郎新婦へサプライズビデオ1

新郎新婦の「なれそめビデオ」は定番ですね。
新郎新婦のなれそめビデオだけではなく、ゲストから新郎新婦への「サプライズビデオ」を用意する方も近年多いようです。
それでは、サプライズビデオとは誰が出演するのでしょう??
例えば、地元の友達、仕事の同期、先輩、後輩、部活の仲間…等々、沢山の方々に出演してもらえるのが一番ですよね。
筆者が出席した中で、とても印象に残ったサプライズビデオがあるのでご紹介します。
とっても素敵な結婚式。新婦のお腹には7か月になる小さな命が宿っていました。
新婦には内緒で、新婦の友達、先輩、部活の仲間、学校の先生、等沢山の方々が出演してくれていました。
ひとつひとつのメッセージにも感動したのですが、最後に、エコー写真を持った新郎・新婦の親族が揃ってうつったのです。
新郎は「こんなに素敵な家族に育てられた新婦。とても暖かく、幸せな家庭。これからは、俺が新婦とお腹の子と一緒に、絶対幸せになると誓います。」と新婦へ感謝の気持ちを伝えたメッセージでした。
その感謝の気持ちには沢山の感謝の気持ちが詰まっていたのです…!それはまた後編で。

2017.05.27

ガータートス2

前回の「ガータートス」の続き。
「ガータートス」という演出は日本人には相当刺激が強そうですよね。笑
それでは、どのように「ガータートス」を行うかと言うと…外国では抜き取ったガーターは、野球ボールやラグビーボールにつけて投げるそうです。
参加をするのは男性ゲスト。ブーケトスと同じように、皆に背を背け後ろを見ないまま新郎が投げてキャッチした男性が「次に結婚できる」と信じられています。
また、花嫁が右足につけていたガーターはとっておき、赤ちゃんが生まれた時にヘアーバンドとして使用すると、幸せになれるとも言われているそうです。
ヨーロッパに伝わるおまじないで「サムシングブルー」というものがあります。
“花嫁が青色のものを身に着けると幸せになれる”というおまじないです。
海外の人は、この迷信を信じて青色を取り入れる方も多いようです。
また「ガーター」と聞くと、少し恥ずかしいイメージがあるかもしれませんが、カジュアルでとてもかわいい物や、手作りでファンキーな物、キャラクター物等色々あるようです。
いつか日本にも「ガータートス」ブームが来るかもしれませんね。

2017.05.25

ガータートス

皆さんは「ガータートス」という言葉を聞いた事がありますか??
「何それ?」「ガーター?」「ガーターって足につけるやつじゃないの?」「そもそも投げるのはブーケじゃないの?」…等々、様々な意見が出てくると思います。
日本ではあまり…というか、全くなじみがない演出ではありますが、海外では人気の大盛り上がりイベントなのです。
では「ガータートス」とは何かと言うと…
新婦が行うブーケトスの「新郎版」の演出で、花嫁が結婚式で左足につけていたガーターを花婿が外し、未婚の男性に投げる!!と言うものです!
基本的には手を使わず、新郎が新婦の足から口で抜き取るのがルールとなっているようですが「少し刺激が強いかも…」と思うカップルは、手を使ってもオッケーだそうです。
また「抜き取ったガーターはそのまま投げるの!?」と色々心配な事はあると思いますが大丈夫!!そのままは投げません!(笑)
続きが気になるところで、投げ方は次回のお話しで。

2017.05.23

記憶に残りやすいウェディングケーキ

ケーキ入刀は新郎新婦にとって初めての共同作業!
だからこそ、ありきたりなケーキではなく、インパクトのあるケーキでみんなの記憶に残しておきたい、と考える方も多いのではないでしょうか。
今は、プランナーさんに相談すれば、ウエディングケーキも2人の意見を真摯に取り入れてくれる式場も多いとか。
では、変わり種ケーキとはどんなものがあるのでしょうか?
例えば、2人の職業が一緒であれば、2人の職業に関係した(職業が連想できる)ウェディングケーキを依頼される方が多いそうです。
また、海外で人気のカラフルでかわいいウェディングケーキをご依頼される方もいらっしゃるとか。
新郎が新婦に内緒でサプライズでウェディングケーキを自分で作った!方もいらっしゃるようです!
とっても嬉しいサプライズで、一生忘れられませんよね。
2人で初めての共同作業。ゲストにも、2人にも記憶に残るウェディングケーキ案を考えるのも、楽しみの一つになること間違いありませんね!

2017.05.21

結婚式で定番になっている「花嫁さんからのお手紙」

結婚式で定番になっている「花嫁さんからのお手紙」
その「花嫁さんからのお手紙」だけではなく、ひとつ風変りしたサプライズが今話題になっているんです。
そのサプライズとは「メモリプレイ」です。では、「メモリプレイ」とはなんでしょうか??
メモリプレイとは、プロの子役として活動する子どもたちが、新郎新婦の「幼少期、少年期、青年期」を披露式の場で演じてくれる事です。
「花嫁の手紙」だけでは伝えきれない思いや想い出を違う形で表したい、ゲストにもわかりやすく表現したい、サプライズとして驚かせたい!そんな様々な思いを持つ新郎新婦からが、このメモリプレイを披露宴に取り入れる事が多いそうです。
オーディションを受けて合格したプロの子役達なので、雰囲気が新郎新婦に似ていたり、演技力は抜群!
まるで昔に戻ったような気持ちになれるのも、人気の一つだそうです。
「あんなこともあったな」「こんなこともあったな」「ああ、こんなこと言ったっけ」等、沢山の思い出を鮮明に思い出すことが出来る「メモリプレイ」。
一生の思い出に残る事間違いないですね。

2017.05.19

結婚式での写真「インスタントカメラ」

ちびっこカメラマンに続いて大人気なのが…
【インスタントカメラマン!おじいちゃん、おばあちゃん】
です。使い方も簡単なインスタントカメラ。
「窓をのぞいて、ネジを巻いて、巻き終わったらシャッターをおしてね。」と、たったの3行程なので、老若男女に使用してもらえます。
また、お父さん・お母さんと違った視点でいつも見守ってきてくれた、おじいちゃん・おばあちゃん。
自分が一番輝いている場面を、そんな温かい気持ちで包んでくれたおじいちゃん・おばあちゃんに撮影して欲しい。
といった方が増えているようです。

また、おじいちゃん・おばあちゃんならではの視点で撮影してもらえます。
「ああ、こんな角度でいつも見てくれていたんだな。」と思う写真が出来上がったり
「写真は人の心をうつす」とも言うので、ぎゅっと気持ちのつまった写真が出来上がるのではないでしょうか。

ちょっと変わった「おじいちゃん・おばあちゃんカメラ」
是非一度お願いしてみても良いかもしれませんね。

2017.05.17

一生の思い出「結婚式の写真」

一生の思い出「結婚式の写真」。一眼レフカメラで撮影したり、カメラマンに撮影してもらったり…
色んな手法がありますよね!今日は今やもう昔のカメラになりつつある、インスタントカメラでの撮影がふつふつと再人気をかもし出している…との事ですので、インスタントカメラ撮影者について!です。

【大人気】インスタントカメラ、ちびっこカメラマン
使い捨てのインスタントカメラを式に招待した子どもに渡して撮ってもらうのが大人気!
子ども目線での撮影、また楽しく撮影してくれる姿は「かわいい!!!」そのもの。
その姿にゲストや新郎新婦も自然と笑顔になりますよね。
子ども独特の世界観が見られる「ちびっこカメラマン」。
大人では考えられない「子ども視点」からの写真が出来上がる事間違いなし!想像するだけでわくわくしますね。
子どもにも扱いやすい「インスタントカメラ」。また、インスタントカメラでしか撮影できない世界観もあると思います。
あなたの結婚式も、ちびっこカメラマンに頼んでみてはいかがでしょうか?

2017.05.15

アラカルト婚

最近、少し耳にするようになってきた「アラカルト婚」。
さて、あまりピンとこない方もいらっしゃるかと思いますが「アラカルト婚」とはなんでしょう??
例えば「結婚指輪」とは別に購入するとされている「婚約指輪」を買うお金があれば、その費用を使ってちょっとリッチな旅行に出たり、いつもは食べられない豪華な食事を食べよう!
など、最近までセットで考えられていた結婚に費やす費用を自分たちで見直して、2人が本当に欲しいと思うもの、行きたいと思う場所だけを、いわばピックアップして「単品」でやりたい事をやっていく、といったものだそうです。
昔ながらのかっちりした「しきたり」を「自分ルール」に変換しているのが「アラカルト婚」ですね。
固執した考えではなく、あくまでも自分ベースで、自分のやりたいように。
まだまだ日本に浸透はしていっていないと思いますが、アラカルト婚をしたいと思っている方の、ご相談所もあるようです。
最近は、様々な結婚方法が出てきていますが、2人の理想がつまったとっても素敵な結婚方法の一つなのではないでしょうか。

2017.05.13

ウェルカムボードで使える英語メッセージ(後編)

ウェルカムボードで使える英語メッセージ後編です!

・結婚披露宴のはじまりです!
It’s the start of our wedding reception!

・素晴らしい時間をすごしてね!
Have a wonderful time!

・ずっと笑顔でいようね
Keep on smiling.

・わたしたちの結婚式へご出席いただきありがとうございます。
Thank you for attending our wedding.

・愛こそすべて
Love conquers all.

・わたしたちの結婚パーティーを楽しんでください!
Enjoy our wedding party!

・永遠にともに
Together Forever

等など、沢山結婚式を連想する言葉がありますね。
近年では「XOXO」=「Hug and Kiss」(ハグ アンド キス)という言葉がとても流行していますね。
友人や恋人に宛てた親愛を込めたメッセージとして用いられます。
ウェルカムボードは「ゲストに向けての感謝の気持ちを表すもの」と言われてたりしていますね。
「どの言葉を使おう」「英語で書いたらかっこいいかな」等悩む事も多いと思います。
言葉が造語される時代。“今風”の言葉もかっこよく見えますが、是非参考にして頂き、かっちり昔のメッセージを使用して気持ちを伝えてみてはどうでしょうか?

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約