ブログ

アーカイブ : 2017年12月

2017.12.31

ペーパーアイテムを作ってみた(席次表)

招待状を作り終え、しばらく期間を置いてから「次は席次表作りたいから〜」と招集をかけられました。
前回同様、気を付けたことは下記3つ。
・式場の雰囲気に合っているか
・読み手が読みにくくないか
・シンプルかつ可愛く出来ているか
もちろん大前提に、新郎新婦が気に入ってくれているか、も入ります。

席次表は招待状と違って、少し面白おかしくしたいと言った新郎新婦のお願いもあり、
出席される人の説明文を少し砕けたものにしました。
例えば「筋トレ大好き部長」や「楽しいこと大好き同期〇〇」等の一言を添えて、シンプルかつ見やすいような席次表を作成しました。

今回はマスキングテープを使用して、周りの装飾に。
1つのマスキングテープだとなんとなーく物足りなさがありましたが、5種類のマスキングテープを組み合わせて作ったので物足りなさはなくなったかな。と。

見ている人に楽しんでもらいたい。そういった2人の気持ちがこもった席次表。
出来上がりはとてもユニークなものになりました。
一番苦労したのは、丸めてまとめる時にリボンをチョウチョ結びですかね(笑)

2017.12.28

ペーパーアイテムを作ってみた

こんにちわ。
結婚ラッシュに飲み込まれ、結婚式アイテムを沢山作ってきました!
今回はペーパーアイテムについて!です。

全て手作り。可愛く出来たらいいなあ。と思っていましたが…なめていました。(笑)
これから2人で手作りしようと考えているカップルには一言いいたいですね。
「必ず2人でやりきること」「どちらか1人にまかせっきりはダメ」だと。(笑)

結果、とても楽しかったので問題はなかったのですが(^^)

まずは招待状!友達だけではなく、上司や沢山の目上の方々に配布するとても大切なもの。
今回はアルファベットスタンプ、消しゴムスタンプ、シール、リボンを駆使してシンプルな招待状を作成しました。

作成時に大切だと思った事は主に下記3つです。
・式場の雰囲気に合っているか
・読み手が読みにくくないか
・シンプルかつ可愛く出来ているか

今回は消しゴムをバラの形に削ることから始め、インクの色、乾いたか乾いてないかの判断、等
時間にも余裕があったので楽しんで出来ました!
でもこれも新婦と2人で協力出来たから。1人ではちょっと辛い作業になっていたかもしれません。
では、次は席次表へ続きます。

2017.12.25

ウェルカムドール

「ウェルカムドール」をご存知でしょうか?
ウェルカムドールとは、披露宴会場入り口や受付に飾られる
「新郎新婦の代わりに2人の大切なゲストをお迎えする」といった重要な役割を持つぬいぐるみ・人形のことです。
そういわれてみれば「あんなところにぬいぐるみ…あったなあ!」と思いだせる人も多いのではないでしょうか。

「ウェルカムドール」ってどんなものがいいんだろう…。
結婚式には色んなしきたりや決まり事があるので、困ってしまいますね。
でも、ウェルカムドールはどんなものでもかまいません!
2人の思い出のあるぬいぐるみ、人形。
また、思い出のあるぬいぐるみに少し手を加えてタキシードやウェディングドレスを着せるのも良いですね。
裁縫が得意なお互いのお母さんや家族、知人等にオリジナルのウェルカムドールを作ってもらうのも、一つの思い出になりますね。

ウェルカムドールは、結婚式の後、そのまま家の玄関に飾っている人も多くいます。
2人の思い出のぬいぐるみ。ここからまた、一緒に思い出をたくさん作っていきましょう?

2017.12.21

ブライダルフェアに行く前に…

「結婚したい!」そう思って式場を決める時、ブライダルフェア周りをすると思います。
ブライダルフェアに行く前に、押さえておきたいいくつかのポイントをご紹介しましょう。

・まずはお互いのあげたい結婚式のイメージを共有しておく
とても大切なのは、お互いのイメージを共有させておくこと。
例えば彼はシンプルな結婚式にしたい、でも彼女は派手な結婚式にしたい!
もうこの時点で話が食い違ってしまっていますよね。
式場を決めるにあたってはイメージがとても大切になってきます。
しっかりと話し合って、雰囲気が合致した式場のフェアに参加していきたいですね。

・何が1番大切か、優先順位を考える
お金、雰囲気、参列者…結婚式をあげるにあたって、沢山考えることがあると思います。
派手な結婚式をあげたいけど、自分たちで出せる予算をオーバーしている、こんな雰囲気で結婚式をあげたい!
等、自分たちの中での優先順位をしっかり決めていきましょう。
これは譲れない、ここは妥協できる、といった案を出していけば、結婚式場選びもスムーズにいくはずです。

2017.12.17

男性必見!結婚式のマナー

こんにちわ!今回は男性必見の結婚式のマナーです。
意外と知らないことも多いのではないでしょうか?
マナーを守って心の底からお祝いが出来るように!是非ご参考に。

・白やピンク、明るい色のスーツ等、新郎に被る可能性のある服装は控えましょう
式では新郎新婦が主役です。新郎より目立つ服装は控えましょう。
フォーマルスーツでは物足りない…といった方は、ネクタイや靴にアクセントを入れてみてはいかがでしょう。

・黒いシャツは暗いイメージをもっています。お祝いの席にはあまり相応しいと言えないのでなるべく控えましょう
絶対にダメ!というわけではありませんが、どうしても暗いイメージになってしまいます。
着ていく人も少ないかと思いますが、衣装選びの時点から省いておくのがいいでしょう。

・白が清潔!のイメージがあると思いますが、結婚式では白ソックスはあまり好ましくないようです。
フォーマルなら白でしょ!と思う方も多いかと思います。
筆者もそう思っていました。だって、今まで着てきた制服のフォーマルは白ソックス…。
結婚式にはミドルの黒ソックスが基本となるそうなので、気を付けましょう。

・スーツは会社に着用していっている物ではダメ!!
いくらスーツだからと言って、普段会社に着用していっているスーツやネクタイ、靴等で結婚式に出席するのはマナー違反となります。
結婚式は「フォーマルな場」ですので、ビジネススーツが完全にNGではないですが、普段とフォーマルな場の差をつけるといいのではないでしょうか。

・黒色のネクタイはNG!
黒色のネクタイは一般的に弔辞の際の正装とされています。ですので、無地でなく柄が入っているものでもNGです。
ワンポイントでアクセントをつけるのであれば、少々派手なネクタイでもいいかもしれませんね!!

ネクタイも、一般的なネクタイにするのではなく、柄のついた派手なものや蝶ネクタイにする人も増えてきています。
蝶ネクタイもハンドメイドで作ったり、個人店で買ったり、個性的な物も沢山ありますね。
ワンポイントでおしゃれする男性は、女性にとってとても魅力的!

お祝いの場で嬉しい出会いがあるかもしれませんね!

・気を付けよう!意外と知らない靴のマナー
フォーマルな場での靴の色は黒がいいとされていますが、絶対的に黒でないといけないといったものではありません。
「平服で」と指定のある結婚式や、カジュアルなパーティーなら、少しおしゃれをして茶色系の靴でも良いかもしれませんね。
また、結婚式のフォーマル靴は「靴紐がついたものが良い」とされています。
少し足元からおしゃれをしたい人は、エナメルの靴でも良いとされています。

動物の皮や、わに革等を使った靴は縁起が悪いとされているのでNGです。
また、メダリオンデザインはおしゃれではありますが、カジュアルすぎるので控えた方が良いでしょう。

スピーチや壇上に立つ人は得に靴を見られるもの。
おしゃれは足元から。また、足元からその人の人格がわかるとも言われています。
しっかりと決まりを守り、足元からかっこよく!2人を祝福してあげましょう。

2017.12.15

年末年始の休業日のご案内です。

年末年始の休業日のご案内です。

 

2018年、1日(月)、2日(火)、3日(水)

以上の日程を休業日とさせていただきます。

2017年、31日(日)は18時までの営業となります。
4日(木)から通常営業いたします。

 

休業期間中もホームページからの「来店予約」は受付けております。

皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2017.12.14

「親」が「子ども」の婚活!?

「婚活」って本人同士が言って、気があった人とお付き合いが続いていく…。
そういうものだと思っていましたが、最近は「親」が婚活に行って、子どもの結婚相手を探してくる、といった事もあるようです。
「仕事が忙しくて出会う暇がない」「そろそろ結婚適齢期なのに相手の気配がない」
様々な心配事を親心でしてくれています。その結果、お見合いよりも確実に自分が相手の事を知ったうえで紹介できる
といった事があり、婚活に参加される方も多いのだとか。

親の直感と言うのでしょうか。ビビビッと来た人には声をかける方が多いそう。
確かに、結婚相手を先に親に探してもらって、最初から親と相手が楽しそうにしてるのって、とてもいいことですよね。
紹介した時に「どうかな」「仲良く出来るかな」とひやひやする気持ちもなくなります。

ただ、第一のファーストイメージが親からの情報になるので、良しも悪しも親頼みなところはありますね。
また、親の婚活には怖い落とし穴もあるそうで…。
それはまた次回に続きます。お楽しみに!

「親」が婚活にいって陥る怖い落とし穴とは。。
ちゃんとした婚活パーティーに行っていれば、そんなことはほぼないのですが
無料の婚活パーティー等に行ってしまうと、オレオレ詐欺ならぬ「婚活詐欺」にあってしまう可能性も高いのだとか。

また、こどもに内緒で行くので詐欺にあったことも言えずに泣き寝入りする人もいるそうで…。
子どもを思っての事ですが、やはり少し後ろめたい気持ちもあるのでしょうね。

昔と違って今は晩婚化。いくら親に「心配するな」と言っても心配はしてしまうもの。
ただ、余計な被害と言いますか、避けて通れる被害があるのであれば、なるべく避けたいですよね。
もちろん、お母さまが紹介してくれた婚活者の方と結婚された人もいます。
十人十色です。人それぞれ、みんな好みもタイプも違いますもんね。

親に感謝の気持ちを伝えつつ、結婚はまだいいや、と思っている人は
・今はこの生活が充実している
・自分の人生のステップアップに時間を作りたい
・自分の直感を信じて結婚したいからもう少し待ってて

等、安心してくれる声掛けを常日頃しておくことが良いかもしれませんね。

2017.12.14

結婚のイメージが出来ない?

こんにちわ。皆さんは結婚についてイメージが出来ていますか?
未婚の女性の中には「結婚」に対してのイメージがとれない方も多いのだとか。
周りから聞くネガティブなイメージが先行してしまって、
それなら独身でもいいかな、と思ってしまう人も多々いるそうです。

また、バリバリのキャリアウーマンであれば、仕事を辞めて「専業主婦」といったイメージも難しいかもしれません。
今まで自分の時間を好きなように使っていたのに、他の人の為に使うなんて…。
と考える人も多いようです。
ですが、最近は幸せな家庭のドラマや漫画も多く世に出てきているし、家事を手伝ってくれる男性も増えています。
好きな人と一緒に過ごす時間は幸せなもの。
パートナーがいる人は、少しずつパートナーと話し合って、この時はあーしたい、こんな時はどうする?等
これから一緒に過ごしていくにあたって、話をしていけばいいのではないでしょうか。
漠然とした未来より、より現実的な未来の方が、イメージしていきやすいのではないか、と思います。

パートナーと具体的な話をする事で、より現実味を帯びてくる結婚。
イメージと現実は違うという事は100も承知ですが、じゃあ!もう結婚しよう!と直ぐ言えないし、そんな気持ちにならないのが現実。
では、結婚に1歩近付く為にはどうすればいいのでしょうか?

もし、どちらかが1人暮らしをしているのであれば、1回疑似体験をしてみてはいかがでしょう?
最初はどちらも気を使って時間を合わせてしまうかもしれません。
ですが、結婚生活を長く続けるとだんだん難しくなってくるもの。
もちろん生活リズムを合わせることはとても大切ですが、一度自分のライフスタイルとパートナーのライフスタイルが
どのようなものか。経験してみてはいかがでしょうか。

体験することで、お互い改善することも出てくると思いますし、またこれからどうやって過ごせばいいかも見えてくるはず。
結婚前の「結婚生活疑似体験」とっても重要だと思います!

2017.12.11

結婚のイメージ

皆さんが思い浮かべる結婚のイメージとはなんでしょう?
「家族」「幸せ」「愛」「楽しい」
沢山あると思います。

自分はイメージの中で、何を大切にするか。考えてみました。
結婚についてのイメージは上記にもあげた通り、幸せなことが多いです。
でも実際の結婚とイメージではだいぶ違ってきますよね。

例えば相手がいつでも何でもしてくれると思っていたけどそうではないし
2人で暮らしていく上で、考えのすれ違いやケンカもあるし。
予想外の事が沢山起きるかと思います。

大きなケンカもするでしょう。些細な言い合いもあるでしょう。
でも、そんな時こそ自分が思い描くイメージを頭の中に思い浮かべてみてはどうでしょう。

この人とこれをしたら楽しいし、こんなこともしたい。
でもあれもしたいし、これはしっかり話し合おう。

幸せな家庭を頭に思い浮かべることによって、おのずとその方向に近付いていくとは思いませんか?
イメージってとても大切ですよね。「ああなりたい」「こうなりたい」
なりたい自分に近付けるのも、どういったイメージが出来るか、だと思います。
イメージと現実のギャップを減らして、イメージ通りの2人になれるように進めますように!

2017.12.09

早く家に帰りたくなる家って?

早く家に帰りたくなる家って?
旦那さんにしても奥さんにしても、仕事が終われば「早く家に帰りたい」と思うもの。
でも、より一層「家に帰りたい!」と思わせる家って、どんなものなのでしょうか?
筆者なりに考えてみました。

・笑顔で相手を「おかえり」と元気に迎えてあげること
・ご飯を作って待っていてくれる

何よりも一番うれしいのは、自分の帰りを待っていてくれる人がいること。
最愛の人が笑顔で待っていてくれる、それだけでもう十分だと思いますよね。

1人で暮らしている時は、仕事が終わって家に帰ってテレビをつけて…
特に何の変哲もない暮らしをしていたように感じます。
それが2人で暮らすようになってから、帰りを待つ楽しさ、2人で話す楽しさ、
楽しいことが沢山増えました。

自分がされて嬉しいことは、相手にもしてあげよう。
そう思えるようにもなりました。相手の事を思いやる気持ちをこれからも大切にしていきたいですね!

「家族」っていいなと思える家。それが早く家に帰りたくなるような家なのではないでしょうか。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約