ブログ

2016.07.12

フ?ライタ?ルの語源

ブライダルの語源って皆さんはご存知ですか?
6月の結婚式シーズンが近づくとテレビでも
雑誌でもネットでも見かけるようになる
「ブライダル」の文字。

でもいざ、ブライダルの意味って何?って
聞かれると意味が分かりません。

そこでブライダルの語源について
お伝えしていきます。

■ブライダルの語源■

ブライダルの語源ですが、意味は
「花嫁のビールの宴」という意味だそうです。

日本人の私たちにとってなじみがなさ過ぎて
全く意味が分かりません。

語源をたどると、イギリスの祝い酒が
昔はビール(エール)で自分の家でも
作っていたとの事で、そのビールを
各家庭で作るのが女性の仕事だったそうです。

そこからブライダルが来ているそうですよ。

でもこれだけ見るとむしろなぜ結婚で使われているのか
と疑問に思ってしまいます(;´∀`)

だって、これって格好のビールの宣伝材料に
使えそうですもん(笑)

私がビール好きだからそういう事を考えるんですかねェ(*´▽`*)

この辺の雑学は飲み会の席でうんちくの為にとっておくのも
面白いと思いますよ(*´▽`*)

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約