ブログ

2016.07.17

結婚式の引き出物って由来はこんな感じ

結婚式に欠かせないのが引き出物。
そんな引き出物ってどういう物なのか
わからないという方も多いですよね?

今回はそんな引き出物に関してお伝えしていきます。

引き出物の元々は手土産

元々の引き出物の意味って手土産だったらしく
披露宴の料理の一部をお土産として
持ち替えるものだったらしいです。

サザエさんのマスオさんやノリスケが
飲んで、寿司の詰め合わせを持って帰る
イメージでしょうか(笑)

結構これは意外でした。

しかし、最近の引き出物の傾向として
ゲストに合う様なものを送ったり
ゲスト自身がカタログの中から選べるように
なっています。

正直、こういう方が個人的にはありがたいです。

マンガなどのネタにされる事が度々ありますが、
名前入りの食器などは日常生活において
使いにくかったりしますからね。

それに対してカタログから選べるのなら
今後も使えますし、ありがたいですからね。

引き出物について考えていましたら、もし良かったら参考にしてみてください。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約