ブログ

2016.10.16

結婚式場での持ち込みの費用について

今回は、具体的な確認するべき事項の1つ目を紹介します。

1つ目は、持ち込みの費用です。

例えば、ドレスがその会場・式場で用意できるもので気に入るかどうかわかりません。

もし気に入らなければ、持ち込むことになりますが、その時に持ち込みの費用が高い場合があります。

もしかしたら、持ち込まないかもしれませんが、ドレスを持ち込むことを前提にした心構えをしておくとトラブルになりにくいです。

式場・会場によっては料金の交渉ができる場合もあります。

持ち込み料金について気になる場合は、はっきり質問したり、サービスしてもらえるか聞いてみると良いでしょう。

聞くだけはタダです。厳しい会場では、持ち込みは一切できないところもあります。

ドレス以外にも、写真撮影する人が外部の場合でも、持ち込みの費用が発生する場合があります。

親族や兄弟姉妹、友人でカメラマンをやりたい、という人が出てくるかもしれない場合ばあるので、気をつけましょう。

カメラマンの持ち込みの費用が10万円以上かかる場合もあります。

ビデオ撮影も同様です。他にも持ち込みの費用が発生するのかしないのか、はっきりさせておくと良いでしょう。

持ち込みの費用は、聞いていなかったりすると、後から発生し予想以上に高額な費用になることもあります。

トラブルの原因になることが多いので気をつけましょう。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約