ブログ

2016.10.20

結婚式の演出について

結婚式や披露宴で、どんな演出したらいいのか迷ったりしていませんか?

新郎新婦が実際にやってみたら良かった!という演出を紹介します。

まずは結婚式の演出からです。

挙式では、父親がバージンロードを歩きます。

母親は特にやることがないのが一般的です。

母親には、花嫁のベールを母親の手でおろしてあげる、というベールダウンをしてもらうのはいかがでしょうか。

普段、父親しか登場しない挙式で、母親も登場するのは、自分たちだけでなく、参列する友人達からも評判がよくなります。

フラワーシャワーはよくある演出ですが、参列者の誰もが参加できます。

参加している方全員の一体感があり、とても好評です。折り鶴シャワーというのもあります。

フラワーの代わりに折り鶴を参列者の方が新郎新婦に向かってかけるものです。

和風な挙式や、参列者に海外の方が多いと好評です。

新郎新婦が近づいてきたら、バルーンを手放すというバルーンリリースもあります。

フラワーとはまた違ったスタイリッシュさがあり、人気です。

どのような演出にするかで、式のイメージが変わってきます。どんなイメージにしたいかで、選ぶようにしましょう。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約