ブログ

2016.10.23

ウェディングケーキへの入刀について

前回に引き続き、披露宴の演出について紹介していきます。

披露宴で定番の演出といえば、ウェディングケーキへの入刀です。

新郎新婦の共同作業として取り入れらてますね。

参列者の方々もシャッターチャンスとして注目します。

結婚式の象徴のようなものです。

そのウェディングケーキですが、参列者の方々が事前にデコレーションをする、という演出があります。

ホイップクリームやフルーツなどの盛り付けを参列者の方が行うものです。

全員にやってもらうので、自分がデコレーションに関わったという感覚が出てきます。

ケーキ入刀以外にも新郎新婦の共同作業として、餅つきをする、というのもあります。

変わった演出ですが、お餅が好きだったり時期的にも合うようでしたら、新郎新婦がついた後に、
それぞれのご両親や友人たちでもけっこう楽しめるのがポイントです。

お酒好きな場合は、鏡開きをする、というのもります。

新郎新婦で日本酒の樽を割るのです。

この時、それぞれのご両親といっしょに割る場合もあります。

鏡開きをした後は、参列者にお酒を振る舞うことができます。

披露宴のメインのひとつである、新郎新婦の共同作業にもいろいろなものがあります。
自分たちに合ったものが何か考えてみましょう。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約