ブログ

2016.11.09

子ども中心の生活スタイルの間取り

前回から、間取りの話に入っています。
もし、出産を予定しているのであれば子ども中心の生活スタイルになりますが、どのような間取りになるのでしょうか。

まずは、ベビーベッドを置く場所を考えたり、子ども用品を収納するスペースが必要になります。
子ども用品は、衣服はちいさいですが、おもちゃなども含めると意外と場所をとります。
お祝いでおもちゃを貰ったりすることもあります。
産まれて1年くらいはベビーベッドで済みますが、1歳、2歳になると、動き回る場所も必要になるわけです。
そうなると、畳のような衝撃を吸収するような床が良かったりもします。
また、子どもの衣服は汚れやすく、何かと洗濯が多くなってきます。
洗濯物を干せるスペースがあると良かったりします。

子ども中心の生活スタイルの間取りを考えると、思ってる以上にスペースが必要になるみたいです。

子どもの予定がしばらくはない場合、荷物が多いかどうか、生活時間帯、出かけることが多いか少ないかなどを考えていくとよいでしょう。

 

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約