ブログ

2017.01.22

結婚前にする両家顔合わせって?

結婚とは、当事者の二人が恋愛して結ばれるもの、ですよね。

でも、もともとは、家と家との結びつきでもあるのです。

お見合い結婚は昔よりだいぶ減っているとはいえ、今でもあります。

恋愛してお互いが好きなのだから、二人だけですすめていきたい気持ちはわかります。

しかし、結婚後は、お互いの親の交流もあるため、事前に顔合わせすることがとても重要になります。

ということで、今回は、両家を顔合わせする食事会について、紹介します。

ちなみに、両家顔合わせする食事会だけでは非常識だという考え方もあります。

その場合は、結納を行います。

結納についてはまた別で紹介したいと思います。

さて、両家の顔合わせの食事会は、結婚式より前に行います。

目安としては、3ヶ月から6ヶ月くらい前が良いです。

お互いの両親次第でスケジュールを決めます。

日柄にこだわれば大安吉日がベストですが、仏滅以外であれば大丈夫だと考える場合も多いです。

全員のスケジュールを合わせる必要があります。

このスケジュール調整から、日柄のこだわりがでたりすると、家の特徴がでてくる、というわけなんですね。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約