ブログ

2017.02.01

結納ってするべき?するとしたらどうやるの?

結婚を決めた後、結婚式をあげる前に結納をする場合があります。

あまり聞き慣れない結納について、紹介していきます。

結婚は、結婚する当人同士だけでなく、家と家が結ばれることになります。

その家と家が結ばれるので、贈り物を納める、ということから、結納と言います。

最近では、結婚するからといって、家と家の結びつきをあまり意識しないようになりました。

結納は、贈り物を用意するので、お金がある程度かかります。

なので、結納自体をしなくてもいい、と考えるところも多いです。

まずは、結納をするべきかどうか、したいかどうかを、それぞれの両親に聞いてみましょう。

どちらかの親が結納するべきだ、結納したい、という話であれば、結納はしたほうがいいでしょう。

結納はある意味では儀式ですので、準備や当日の段取りがあるため、少し手間がかかります。

昔からあるものなので、やれば結婚に向けて引き締まります。

もちろん、結納をせずに、食事会でお互いの両親の顔合わせをする、という場合もあります。

どちらが良いかは、結婚する二人のそれぞれの両親次第、というところです。

結納をするにしても、しないにしても、お互いの両親の価値観がわかります。

結婚式に向けての段取りがスムーズになるので、必ず結納について確認するようにしましょう。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約