ブログ

2017.04.28

理想の結婚(後編)

「ありがとう」「ごめんね」が素直に言える「お互いがお互いを思いやることが出来る結婚」が理想の結婚な筆者。
「ありがとう」「ごめんね」を素直に言うにはどうしたらいいか。
それは、一旦相手の気持ちを受け入れてあげる事だと思うのです。
もちろん、常日頃相手の気持ちを受け入れる事なんて無理に等しい…言い返してしまう事もある。そんな時は逃げずにぶつかっていけばいいんです。
決して言い返さない事が逃げだとは思いませんが、エスパーではないので口にしないと伝わらない事もあります。
小さなことでも「ありがとう」些細な喧嘩でも「ごめんね」を言い合える事で見えてくる景色もあるはず。
「あ、こういう所が嫌なんだな」「これはいいんだ」ケンカをして、乗り越えて、感謝を伝えあって…そうする事によって、お互いに理解できてくる事も増えてくると思うのです。
その積み重なりが思いやりになり「お互いがお互いを思いやることが出来る」のではないでしょうか。
結婚までに築く関係。結婚してから築く関係。「理想の結婚」を考える事って、とても面白いですね。
考えれば考えるほど「理想の結婚」はまだまだ出てきそうですね!

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約