ブログ

2017.10.27

アメリカのご祝儀事情

日本では結婚式に「ご祝儀」を包んで持って行きますよね。
では、アメリカではどうでしょうか。

アメリカでもご祝儀はあるようですが、ご祝儀はプレゼント派と小切手派にわかれるそうです。
よって、現金でのご祝儀はあまりみられないようです。

新郎新婦へ送るプレゼントですが、新郎新婦が指定したデパートなどに行き、
事前に登録された欲しいものリストをもとに、予算に合わせてプレゼントを購入するのが一般的と言われています。

必ず新郎新婦の欲しいものをプレゼント出来るので、外すことはありませんので、いいシステムですね!
日本でも取り入れれば良いのにと思う習慣の一部でもあります。

また、日本とは違い、アメリカでは引き出物の風習がないようで、ご祝儀やプレゼントもその分安いのだそう。
プレゼントの予算や小切手の予算ですが、アメリカは基本的にペアで招待されることが一般的とされておりますので
2人分の食事代をカバーできる程度の値段が賢明とされているそうです。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約