ブログ

2016.02.02

ダイヤモンドの4Cのクラリティ―について

今日も引き続きダイヤモンドの4Cを説明していきたいと思います。品質等を評価する4つの要素のうちの一つ、クラリティ―『透明度』についてです。

きれいに磨かれたダイヤモンドを鑑定士が10倍に拡大しインクルージョン(包有物)の有無や位置、大きさなどを評価したものが、クラリティーの評価です。クラリティーの評価は、フローレス(FL)を最高に(IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3)と右にいくにつれ評価が下がります

簡単に説明しますと、ダイヤモンドに含まれるインクルージョン(包有物)や傷などが少ないほど良い、美しいとされる評価のことです。

肉眼ではSI1ぐらいあれば、インクルージョン(包有物)や傷の発見は困難ですので、最低でもSI1はほしいところです。

ダイヤモンドの内包物(キズ等)の位置などは、同じグレードであっても、場所や程度がことなりますので、手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』では一点一点自分たちの目で顕微鏡を使って選別しておりますので、上質のダイヤモンドを揃えております。ご質問等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約