ブログ

2016.02.03

ダイヤモンド4Cカラー解説

自分たちが結婚指輪を二人でお互いに手作りし合う事の出来る専門店、世界にひとつだけのオリジナル手作り婚約・手作り結婚指輪のRITOE(リトエ)による結婚指輪や婚約指輪によく使用される宝石ダイヤモンドの4CのColor(カラー)のついて今日は説明させて頂きます。

ダイヤモンドのColor(カラー)は4Cの中で最も重要視されます。ダイヤモンドのカラーは無色透明なほど希少価値が高く良いとされています。Colorの評価は、無色透明の『D』を最高ランクとし、黄色みを帯びるにつれてアルファベット順に『EFGHI…Z』までの全23段階のランクに分けられています。

婚約指輪や結婚指輪で使用するダイヤモンドのColor(カラー)ほぼ無色とされる『G』以上のダイヤモンドをオススメ致します。

次回はいよいよダイヤモンドの4Cについて最後になります。みなさん一回は耳にした事のあるCt(カラット)について説明いたします。

手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』では婚約指輪や結婚指輪に最適な上質な最高のダイヤモンドを取り揃えております。お二人で作る結婚指輪にダイヤモンドをいれてみてはいかがでしょうか。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約