ブログ

2016.04.17

参列のマナー

結婚式に参列する際に、絶対にやってはいけないとこがあることをあなたはご存知ですか?

結婚式でのタブーは幾つかありますが、その中で、今回は教会で行われる結婚式の参列のマナーのタブーをご紹介します。

教会での結婚式は、親族ばかりでなく、そのあとの披露宴に招かれた友人、知人も列席する事が多いですよね。

その時に気をつけたいことは、着席する時にうっかりバージンロードを通ってしまう事です。

バージンロードは、新郎新婦と新郎の父親だけが歩く道なのです。

なんといっても神聖な場所なので、他の人は決して踏んではいけない場所なのです。

着席する時はバージンロードを歩くのではなく、左右それぞれの脇にある通路を通って着席しましょう。

また、席次は新郎側の列席者が祭壇に向かって右側に、新婦側が左側に着席するのが決まりになっています。

前の方から、家族、親族と血の濃い順に席を占めていくので、友人、知人などの一般の参列者はその後ろに座る様にしましょう。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約