ブログ

2016.04.27

ジューンブライドは欧米から。

ジューンブライドって言葉よく耳にしますよね。

そのため、結婚式=6月と思う方も多いではないでしょうか。

6月はウエディング業界は大忙しなのではと。

欧米や、ヨーロッパでは、その由来は諸説ありますが、「6月に結婚すると幸せになれる!」なんて言い伝えがある地域もあります。

しかし、実は日本では6月の結婚式はそんなに多くないって知っていましたか?

日本では6月といえば梅雨真っ只中。

天候が不安定で、湿気も多い時期にゲストを呼んでお祝いしようとする人は少なく、結婚産業の閑散期でした。

そこで、6月の結婚を考えてもらおうと結婚式場が考えたのが欧米やヨーロッパの習慣だったのです。

「6月に結婚すると幸せになれます!」と大きく宣伝しお客を獲得しようとしたわけ
です。

こうして日本でもジューンプライドの概念が浸透することになりました。

実際、結婚式が行われるのが多い月は、「4月」「5月」「10月」「11月」という、春と秋が人気が高いです。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約