ブログ

2016.05.08

『友人代表のスピーチ』

結婚式に参列する時、友人代表のスピーチを依頼されたことはありませんか?せっかく自分に頼んでくれたのだし、新郎新婦のお祝いのためにも、気持ちを込めて挨拶をしたいものですね。感動的にもしたいですし、笑いもとりたいですしと、つい欲張ってしまいますよね。

私も何度か結婚式で友人代表のスピーチをさせてもらったことがありますが、話の構成であったり友人とのエピソード、所要時間などたくさん考えました。

そして、とくに気をつけたことは、忌み言葉、重ね言葉を使わないことでした。『別れる』や『離れる』などの忌み言葉や、『ますます』『いよいよ』などの重ね言葉は普段の会話では自然に使ってしまいますが、これらの言葉は、お祝いの席では、縁起の悪い言葉になりますので、スピーチでは使えないので気をつけなければなりません。

大切な友人がせっかく依頼してくれたスピーチ。新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えることはもちろん、会場全体が幸せな気持ちになれるようなスピーチを心がけましょう。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約