ブログ

2016.05.11

『結婚式の引き出物』

意外と知らない結婚式の引き出物についてのお話です。引き出物とは結婚式に来てくださったゲストに対してのお土産でもあり、ご祝儀に対するお返しという日本人独特のマナーを含んでいます。

そのため、引き出物は新郎新婦が心を込めて選べばなんでも良いというよりも、相場の金額がある程度一般常識になっています。また地域によってその相場や贈る品にも特徴があります。結婚式のアイテムのなかでも常識をしっかり押さえておかなければならないのがこの引き出物でもあるでしょうね。

まず、ポイント1つ目は、地域性があることです。両親に確認しながら選ぶのもいいと思います。育った文化やしきたりを知るのも楽しみの1つになると思います。

2つ目は、熨斗の付け方です。引き出物には、熨斗をつけるのが一般的です。右側に新郎、左側に新婦の名前を表記します。

3つ目は、引き出物の持ち込みについてです。地元のこだわりの品を選びたいなどということもありますが、送り先や保管場所、検品なども自分たちで手配しなければならないので、式場で、手配できる場合は、お任せした方が気苦労は少なくなるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約