ブログ

2016.05.17

結婚式に参列する男性ゲストのお洒落を楽しむワンポイント part2

前回、話題に出しました、結婚式に参列する男性ゲストのお洒落を楽しむワンポイントです。

まずは、「スーツ」ホテルでの結婚式や披露宴に参列の場合、格式高いためと、新郎より目立つのは、マナー違反ですので、派手なスーツを着用するのはあまりふさわしくありません。

「黒」を着用するのが無難ですが、濃紺やチャコールグレーのお洒落スーツを着用する方も増えております。レストランやハウスウエディングの場合は黒だと堅苦しくなってしまうので、その場合は少し色や柄のはいったスーツもおすすめです!

次に、「ネクタイ」1番お洒落を楽しめ、印象が変わるところです。一般的に白ネクタイが基本ですが、ホテルでの結婚式の場合は、シルバーグレーにしてみたり、おしゃれに蝶ネクタイなども良いでしょう。

季節に合わせて色を変えてみるのもおすすめです。例えば、春は薄いピンク、夏は水色、秋は黄色、冬は赤やゴールドカラーを取り入れたネクタイ。

黒いスーツの合ったベースになる場合は淡い色のほうが和やかに見えるでしょう。

いかがでしたか?次の結婚はご紹介したワンポイントを取り入れた、結婚式にいくワクワク感をぜひ楽しんでみてください!

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約