ブログ

2016.06.15

結婚指輪のサイズ選びのポイント part2

結婚指輪を選ぶ際の指のサイズの測り方をご紹介します。サイズの測り方は幾つかありますが、まず、手持ちの
リングのサイズを測る。実際に手持ちのリングがある場合には、それを元に測ります。リングの直径を測り、サ

イズを調べます。もう1つは、自分の指のサイズを測る。この場合は、糸など巻きつけやすいものを、利用して
測ります。指の1番太い部分に糸を巻きつけます。このとき、ゆるすぎず、きつすぎず、指に自然になじむよう

に巻きつけることがポイントです。巻きつけた糸がぐるっと一周して交わったところに印を付けます。測り始め
から印までの長さを測りサイズを調べます。代表的なサイズを次に挙げます。サイズ選びの際の参考にしてみて
ください。

指まわり(mm) 指輪の内径(mm)
7号 47.1 15
8号 48.2 15.3
9号 49.2 15.7

結婚指輪は長い年月つけるため、そのうち太ったときでも大丈夫なようにと少し大きめなサイズを選ぶ方も多い
様ですが、大き目を選んでしまうことで付け心地が不安定になることもあります。ですので、今の時点でぴった
りなサイズをオススメします。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約