ブログ

2016.06.19

結婚指輪の形 part3

結婚指輪の形の話。3、ウェーブの結婚指輪。「ウェーブ」の結婚指輪は、その曲線によって優しい印象になり
ます。ウェーブの結婚指輪はそのラインの印象から女性向きと思われることが多いようです。ところが、その曲

線によって指や関節の太さを強調しない効果があり、実は男性にも向いている形なのです。「指輪のひねり」ウ
ェーブの形の中で、最も人気が高いものが「ひねり」の入ったタイプだそうです。ストレートラインであっても

、アームにひねりが入るとその曲線よって優しい印象になります。「指輪のうねり」一方全体的にウェーブが入
った形もあります。S字と呼ばれる形でやわらかな波状になっています。ウェーブの指輪がおすすめの方は、太

くて短めの指の人。ふっくらとしたかわいらしい指の人は、ストレートでは指の太さが強調されてしまう傾向が
あります。ひねりが入った動きのあるデザインであれば、指を長くすっきり見せることができます。ぜひ結婚指

輪選びの参考にしてみてください。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約