ブログ

カテゴリー :

2017.11.08

余命1ヶ月の花嫁

こんにちわ。
皆さんこの映画、単行本をご存知でしょうか。

映画では、榮倉奈々さんと瑛太さんが主演されていますね。
絶対にないとは言えないシチュエーション。
女性なら特に、絶対にない、とは言えないですよね。

私は映画も本も拝見させてもらいましたが、考えることが沢山ありました。

当たり前に生きている毎日。
その毎日が来ない日が来るなんで、誰が想像できるでしょう。
それはもう当事者しかわからないと思うんです。

当たり前に生きている毎日に起こること、当たり前の毎日だから感じ取れること。
考えたことありますか?明日がこない、今日を。

感じたことが沢山ありすぎて書ききれませんが、私が思ったことは
伝えたい気持ちがあるのなら、しっかりと伝えること
自分の気持ちに素直に生きること
今日できる精一杯を頑張ること
です。改めて、自分を見つめなおし、毎日を過ごそうと思いました。

少し暗くなってしまいましたが、ちえさんの生きた証です。ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

2017.11.06

ウェディングドレス作成

ウェディングドレスの種類は、とても沢山ありますね!
どれもかわいくて目移りしちゃいそう。
最近では、細部までオーダーできるオーダーメイド式のウェディングドレスもあるのだとか!

人生で最高に輝く瞬間を、一番かわいい服、一番きれいな顔で写真におさめたい!
というのが、多くの女性の願いなはず。

「このウェディングドレス可愛いんだけど、胸元が少しな〜…」
「もう少しレースが多い方が可愛いのにな〜」
等、あと少しで自分のイメージでピッタリになりそう!なことも多いかと思います。

そんな時、ちょっと手直しをしてくれる「オーダーメイド」があったら??
後ひと手間加えるだけで理想ウェディングドレスの出来上がり!

残念ながら、デザイナーさんがデザインしたドレスを少し手直しできる店舗が多いわけではなく
このサービスもまだそんなにメジャーではありませんが、どうでしょう。
今後、沢山の幸せな笑顔が増えますように、と今日もどこかであなたのドレスを手直ししている方がいるかもしれません。

2017.11.04

結婚式を挙げる際に気を付けたいこと

結婚式の日程はどのようにして決めていますか?
2人の記念日?それとも誕生日?大安?それとも結婚式費用が安い日にち??
結婚式には会社の上司、様々な知人や友人に出席してもらいますよね。

「自分たちの記念日が平日だから平日にしよ〜!」「この日だと風水的に良いのかも!」等々…自分達だけで喜んで決めてしまっても
「その日は仕事で抜けられなくて…」「出張があるから予定をあけられない」「子どものイベントと重なってしまって」等、来れない人も出てきてしまうかも…。
なんてならないように、しっかりと結婚式の日取りを決めていくことが大切になって来ますね。
また、結婚とは2人だけのものではありません。
家族と家族が「新しい家族」になるものだとも言われています。

また日本には「六輝(六曜)」といわれる、冠婚葬祭に関する日取りもあるそうです。
あっちの意見は聞いた、こっちは聞いてない…等結婚前からあたふたするよりも、両家の意思をバランスよく取り入れることの出来る日程にするためにも、両親の意見は必須ですね。
必ずいつにすればいいか、しっかりと相談して決めていきましょう!

さて、それでは「六輝(六曜)」とは何なのか。
それは、次回ご説明させていただきます。

前回の続き、「六輝(六曜)」とはです。
昔から日本では、主に冠婚葬祭を行う日取りについては「大安」と「友引」は、結婚式にふさわしい日とされてきました。
最近は「仏滅」の日には、式場代が安くなる式場等もあり、
あまり気にせず結婚式を行なうカップルが増えていますが、年配者にはこだわる人がまだまだ多く
親戚から「チクり」と言われることもしばしばあるのだとか。
年配の親戚ゲストなどを呼ぶ場合が多いと思いますので、トラブル回避のためにも
2人だけで決めるのではなく、両親にご相談してみることが賢明だと思います。

また、季節柄なこともあると思いますが、
とても暑い夏や、寒い冬にガーデンウェディング等を行うことは避けた方がよさそうです。
台風や積雪がある季節に関しては、出来るだけ避けなるべく天候に左右されない季節を選ぶのが良いのではないでしょうか。

日本は四季があるので、比較的結婚式を行う日取りも決めやすいのかな、とは思います。
あれはだめ!これもだめ!と決めるより、あれもいいね、これもいいね。とポジティブな意見で決めていけば
結婚式に関する些細な喧嘩も、減っていくのではないでしょうか。
2人で決めて、両親に相談することが大切になってきますね!

最後になりますが、結婚式に気を付けなければいけないことは「結婚式の時間」や「宿泊の都合」です。
例えば遠方の方にご列席いただく方が多い結婚式なのに9:30受付、等なっていると
前日に前もって宿泊しないといけなくなりますよね。
また、2次会3次会まで参加してくれるのであれば、当日も宿泊必須。
2泊分の宿泊費、ご祝儀、2次会費用…と考えると、ゲストの負担がとても増えてしまいます。

行きたくても行けない結婚式や、嬉しいはずの結婚式がお金の心配ばかりの結婚式になってしまわないように
最大限のフォローや心遣いはしっかり行いましょう。

最近では、遠方の人がゆっくり過ごせるように午後からの日取りにする方も少なくはないのだとか。
結婚は2人だけのものではないことが、結婚準備を行っていく上でとても身に染みて実感できるのではないでしょうか。

でも、今まで育ててくれた両親がサポートしてくれる。
これ以上の心強さはないですね。

自分自身が最高の式に出来るように。色んな事を考えた上で決めていけたらいいですね。

2017.11.02

こどもの結婚に関して

子どもはいつか親の元から離れ、旅立っていくもの。
わかっていても、寂しいことってありますよね。

しかし、それは立派に育った証拠だとは思いませんか?
結婚は嬉しくも、すこし寂しい気持ちもあると思います。
ですが、新しい家族が増え、沢山笑顔も増えます。

こどもの結婚とは、親にとってはとても嬉しいこと。
ですが、連れてくる相手によっては不安になってつい、口厳しいことも言ってしまうことでしょう。
でもそれは当たり前です。大切に、大切に育ててきたのですから。

自分の子どもが一生を添い遂げると決めた相手。
しっかり見極めていきたいですよね。上辺だけではなく、しっかりとどんな時でも支えてくれる存在であるのか。を。

それが原因で喧嘩をしてしまうときもあると思います。
けれど、しっかりと気持ちを伝えてください。必ず、必ず伝わります。
そして2人が夫婦になる日。しっかりと認めてあげてください。
立派になった2人を。
親にとって子どもはいつまでたっても子どもだと思います。
その気持ち、子どもたちもしっかり受け止めていると思いますよ。

結婚とは終点ではありませんよね。
新たな家族の1パージの幕開け。また明日から一緒に歩いていきましょう。

2017.10.31

結婚と年収

結婚に対する条件、年収…はたして皆さんはいかがお考えでしょうか?
実際問題、はっきり申し上げますとお金があっても困ることはないし、あるに越したことはないでしょう。

ただ、結婚を意識する中で相手の「年収」はいくらぐらいが理想なのでしょうか?

女性の7割は結婚する条件に関して「年収が大切」と考えているとされています。
でも、そうですよね。2人で暮らしていくにしても、子どもが生まれるにしても
現実問題「お金」と「生きていく」ことは切り離せません。

では一体2人で生活していくにはいくらかかるのでしょう。
家賃、光熱費、食費、諸費用…生活していくのにはお金がかかります。

これはあくまでも個人のベクトルになり、お金の使い方は十人十色だと思います。
なので、一概にはこうだ!とは言い切れませんが、ご参考までにと思います。

結婚後「こんなはずじゃなかったのに!」と思わない様にも。
生きていくためにも重要な「年収」について、次回もお話しさせていただきたいと思います。

前回は結婚する相手の年収はいくらぐらいが理想なのか、というお話しをさせていただきました。
今回はその続きです。

2人で生きていくために必須な年収。それはどのぐらいなのでしょうか。
あくまでも個人の意見ですので、ご承知くださいね。

まずは、細かく決めていかないといけないこともありますね。
月の出費はいくらだとか、マイホームは検討しているか、とか、子どもは何人欲しいか等
色々話合わないといけない事も多々あることでしょう。

出産費用もかかりますし何かと物入りな時期もあるかもしれません。
進学費用によっても教育は変わってきますが
子どもを1人大学を卒業させるまでの費用は約2000万円と言われていますよね。

今、20〜30代の男女が生活に必要だと感じる「年収」は450万〜500万だと言われています。
2人で共働きなら500万も苦しくはないでしょうが、1人での年収が500万はこのご時世、辛い所もあるかもしれません。

将来設計をしっかり密に立てたい方は、一度恋人と一緒にファイナンシャルプランナーさんにご相談されてはいかがでしょうか。

2017.10.29

世界の結婚の種類

・一夫多妻制

1人の夫に対し多数の女性を妻と認められる社会です。
一見、名前だけ聞くと華やかそうに見えますが「平等に愛さなければならない」といった決まりもあります。
結婚には多額のお金必要となってくるので、一夫多妻制を利用しているのは、お金持ちで自分の時間を自由に使用出来る人が多いですね。

また、イスラム教徒の多いアラビア半島の国々や、西味や、西や東のアフリカ諸国に多いと言われています。
アフリカの一夫多妻制では、妻子は別々に暮らしていて、順番に夫が家を訪れるという形が一般的であるようです。

「平等に愛さなければ」の意味合いですが「贈りもの」や「一緒にいる時間」等も「平等」にしなければいけないので
本当に自分の心にゆとりがあり、しっかりと1人1人を愛せる男性では成り立ちませんね。

日本では一夫一妻制で、もしかすると一夫多妻制に憧れている男性もいらっしゃるかもしれません(笑)
ですが、全て平等、妻たちに不平不満を言わせない…相当な労力を使うと思いませんか?

現実には「一夫多妻制」は他国でも、日本でも結構難しい制度だなと、筆者は思いました。

・集団婚
最近ではめったに聞く事はないですが、
「集団女性」と「集団男性」が結婚して一つの家族になる。といった制度が、昔どこかの民族であったようです。

具体例でいえばA家の長男・次男・三男がB家の長女・次女・三女と結婚して家族になるということ。
…そう考えてみても、ピンとこず結構頭の上にはてなが飛びますね。

また、集団婚になるまでは「一夫一妻制」から「一夫多妻制」「一妻多夫性」に変化し
ここからまた「集団婚」へ結びつくともいわれています。

この話自体が大昔のことですから、真実を知る人はこの世界にはいないとされていて
昔の伝統を聞きながら出来た、架空の話ともいわれています。

結婚の形や結婚の種類は、日本においても沢山あるし、視野を広げると世界には数えきれないほどの形があります。
一夫多妻制や一妻多夫制は最近テレビでも、放映される事が多くなり、認知度が広まってきましたが、
集団婚は聞いたことありませんでしたね。どんな感じなのか、一度見てみたい気もしますね。
日本での結婚の形はいまいちだな〜と思っている勇気のある人は、思い切って世界に飛び出してみるのもいいかもしれませんね。

2017.10.27

アメリカのご祝儀事情

日本では結婚式に「ご祝儀」を包んで持って行きますよね。
では、アメリカではどうでしょうか。

アメリカでもご祝儀はあるようですが、ご祝儀はプレゼント派と小切手派にわかれるそうです。
よって、現金でのご祝儀はあまりみられないようです。

新郎新婦へ送るプレゼントですが、新郎新婦が指定したデパートなどに行き、
事前に登録された欲しいものリストをもとに、予算に合わせてプレゼントを購入するのが一般的と言われています。

必ず新郎新婦の欲しいものをプレゼント出来るので、外すことはありませんので、いいシステムですね!
日本でも取り入れれば良いのにと思う習慣の一部でもあります。

また、日本とは違い、アメリカでは引き出物の風習がないようで、ご祝儀やプレゼントもその分安いのだそう。
プレゼントの予算や小切手の予算ですが、アメリカは基本的にペアで招待されることが一般的とされておりますので
2人分の食事代をカバーできる程度の値段が賢明とされているそうです。

2017.10.25

アメリカの結婚式

ちょっと気になる他国の結婚式事情。
今回はアメリカの結婚式についてお伝えいたします。

皆様はアメリカにどんな印象をお持ちでしょうか?
アメリカというとBIG。HAPPYに満ち溢れている毎日。
また、オーバーリアクションな人も多いかな…
やはり日本よりも華やかなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

アメリカの結婚式、一般的には日本と同じように、結婚式、披露宴、パーティーを行う人が多い様です。
また、今回調べていく中で、最高に笑える祝い方や、結婚式が沢山ありました。
日本人の固定概念的なことを覆すようなハッピーが沢山あります。
世界なので、広い目で見てみるのも楽しいと感じました。
その国や土地によって風習も違えは、祝い方も違ってくる。
一部にはなりますがご紹介していきたいと思います。

アメリカンジョーク溢れることも沢山ありますが、
自分が式を挙げたり、パーティーする時にかいつまんで取り入れたい事項も沢山ありました!
一味違う、結婚式への段取りも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

▼ブライダル(ウェディング)シャワー
結婚間近な女性を、友人や親類つで祝う行事とされています。
主に結婚式の半月〜1ヶ月前に行われるそうで、一般的には女性のみの参加となるようですが
場合によっては男性が参加することもあるそうです。

参加者のお祝い等は、ご祝儀等ではなく、2人へのプレゼントとして新婚生活に必要な道具等を贈るとされています。

このブライダルシャワーの習慣は、100年以上も前から続いておりとても由緒ある習慣です。
また、この習慣に込められた意味は、結婚をするのに何も持って行けない貧しい花嫁に
肩身の狭い思いをさせないために、と近所の人や友人、親戚たちが花嫁のためを思って始めたと言われています。

今は新婦を祝うハッピーな式だと思って開催されていますが、
物語には、新婦を心から思い「幸せになってほしい」と願う人たちの気持ちが詰まった、素敵な習慣ですね。
新郎にも周りにも愛されている花嫁。皆に愛されている花嫁さんが、この先も素敵な笑顔ですごせますように。
▼バチェラー・パーティー
バチェラーとは「独身者」という意味となり、新郎と親しい友人の男性たちが集まるパーティーです。
独身最後の夜に、思いっきりバカ騒ぎをしたり、悪ふざけをして遊ぶのが特徴的です。

悪ふざけの一部としては、女性の下着を新郎に履かせたり、もう少し過激なものもあるようです。
また、独身最後の夜ですので、下ネタを存分に使用したものも多く、少しばかりはじけてしまう新郎もいるだとか。

主に結婚式の前日に行うとされているので、結婚式に遅刻したり、結婚式に二日酔いで来たり…なんて
もっての外。日本では到底考えられないと思いますが、アメリカではたまーに起こってしまうそうです。

独身最後の夜。既婚最初の夜。
どちらもかけがえのない大切な日。友人も、奥様も、大切にしていこうと心に誓う新郎が多いのではないでしょうか。

また、最近では結婚前夜に同じようなことをする人女性もおおいようで
こちらは「バチェロレッテ・パーティー」と呼ばれているそうです。

2017.10.23

日本と外国の様々な違い

日本での「結婚」の意味は、「恋人」から「家族」「夫婦」になることを意味されていますね。
日本の民法では「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と決められています。

最近では日本の「主夫」をする人が、ある調査結果では5年で3倍に増えているとも言われているようです。
また、アメリカでは200万人ほどの「主夫」がいらっしゃるとか!
アメリカはご育ては夫婦でするもの。男性の活躍も目覚ましいですね。

「アメリカは男の人が育児も家事も手伝ってくれるのに、日本なんて…!」
…そう思ってしまいがちなんですけど、違うんです。日本の男性は、手伝いたくても手伝えない「環境」にいるのが現実です。

アメリカは国を挙げて夫が妻を助ける事を認めてくれています。
企業でもそうです。夫も気兼ねなく「育児休暇」を取得できる企業が増えていると言われていますね。

ですが日本はどうでしょう?
男性の育児休暇を快く了承してくれる企業はいくつあるでしょうか?
女性の育児休暇ですら快く了承してくれる企業も沢山あるとは言えない環境の中、男性の育児休暇なぞもってのほか。

ひとつの命が誕生すると言うのに…もっと温かい精度が日本に増えてくれることを願うのみですね。

2017.10.19

結婚ラッシュ

結婚・結婚・結婚…

結婚って続きますよね。
ラッシュの一回目。まずは20代前半。
そして少し落ち着いたかな、と思ったら20代後半から30代前半にかけて
私の周りは怒涛の結婚ラッシュでした。

結婚ラッシュとなると、そう。ご祝儀問題が出てきますよね。
おめでたいことだし、出来れば避けて通りたい!
…と思うけど避けて通れないのがご祝儀問題。。

遠方の友達となると、ご祝儀代+交通費。
仲のいい友達であれば2次会や3次会も参加したい!…となるとどうしてもかさんできてしまう出費。

月に1件だと何とかなりそうですが、2件、3件と続くと涙もの。
嬉しい気分で祝ってあげたいですが…それでは、重なった時はどうしたら良いのでしょうあ?

最近は、昔に比べてご祝儀の額に制限がなくなってきたと言われています。
割り切れる数字はあまりよくないとされていましたが「2」はペアを表す為
2万円を包んでも良し、とされる風潮になってきていますね。

少し恥ずかしい思いが心のどこかにあるかもしれませんが
友達だってあなたに無理強いしてきてほしくはないはず。

また、仲の良い友達、話しやすい友達であれば、正直に諸事情を話してみるのも一つの手かもしれません。

次は結婚ラッシュとご祝儀問題です。

結婚式を挙げる人は、ご祝儀目当てであげているわけではありませんよね。
なので、少し自分の経済状況的に厳しいのであれば、正直に友人に伝え、
他にお手伝い出来ることや、力になれることを、率先して手伝ってあげてみればいいのではないのでしょうか。

恥ずかしい話、私もご祝儀貧乏な時期がありました。
けれども正直に友達に話し、ウェルカムボード、リングピローづくりを手伝わせていただきました。

「気持ちが金額では表せない。」
「私たちの為に一生懸命作ってくれたり、考えてくれた、その気持ちでじゅうぶんだよ。」
と友達夫妻に言われたときは涙が出そうでした。

結婚式当日。それはそれはとても素敵な式でした。
また、式が終わった後に、サプライズでアルバムもプレゼントしました。

払えなかったから、落ち込む。のではなく、
「おめでとう」の気持ちを前面に伝えて祝福する。
ことが一番大切で、一番気持ちも相手に伝わるんだなと感じた出来事でした。

どうしよう、と悩んでいる方。
勇気を出して友達に相談してみてもいいのかもしれません。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約