ブログ

カテゴリー :

2017.07.01

妊活について

結婚後に必ず出る話題が「子ども」ですよね。
例えば結婚後2年は夫婦で過ごす時間にしたい。と決めていらっしゃるご夫婦もいます。
と思えば、「すぐに子どもが欲しい」と思う夫婦もいらっしゃいます。

そこで近年よく聞くワード「妊活」についてピックアップしてみましょう。
「妊活」ってなんだ?と思われる方もいるかと思います。
赤ちゃんを迎える為に、自分の体の調子を整えて、赤ちゃんが過ごしやすい体内環境を作るって準備する事等を「妊活」と呼んでいる方も多いのではないでしょうか。

妊活はすごくデリケートな問題。
どうしても妊活は女性だけが頑張っているイメージが払しょくされませんね。。
確かに、妊活は女性が頑張る事の方が多いです。子どもを身に宿すんですものね。
お腹の中に赤ちゃんがいて、しっかり守っているのはお母さんですから。
妊活ってとても苦しい事が多いと言われています。体力的にも、精神的にも。
でも、妊活ってとっても素晴らしくて神秘的、とてもいい活動だと思うのです。
また、妊活をするにあたって、男性の協力も必要不可欠です。

「妊活」には男性の協力が必要不可欠です。
また、妊活は1人で行うものではなく2人で行うもの。
お互いの考え方や思っている事を話し合える良い機会でもあります。

妊活にとって良くない事が「ストレス」です。
職場のストレス・家庭のストレス・妊活のストレス
生きていく中で、ストレスは切り離す事ができませんよね。

それでは、妊活とは何をすればいいのでしょうか??
まずは基礎体温をはかることや、温活をする事から始めようという情報も多いと思います。
筆者は自分の体験記を書いているので、お医者様の意見とは相違する部分が出てくるかもしれません。
その点をどうぞご了承頂けますようお願い致します。

わたしはまず、何をすればいいのかわからなかったので、アプリをとりました。
単純ですよね(笑)今のアプリってすごくって、色んな事を教えてくれるんです!
必要事項を記入し、アプリにそって基礎体温をはかりました。
基礎体温計測方法ってなかなか難しいんですね〜。
あと、パートナーには禁煙をすすめました、2人で頑張っていくのに!もちろん協力してくれました。

結婚し妊活を始めることになったわたし。
まずは基礎体温をはかって、アプリに記入して…とゆるーく始めました。

妊活には「ストレス」は厳禁との事だったので、ある程度自分に優しくしないと(笑)
でもこの部分、大事だと思うんです。
「頑張らなきゃ」「子どもが欲しい」この気持ちが強すぎて、知らない間にストレスになってしまう事が沢山あります。
誰かの何気ない一言でくじけてしまったり、傷ついてしまったり。
自然といつもより神経をとがらせてしまう事が多いですよね。

「こどもは神様からの授かりもの。順番に神様は来てくれるから、その時までの準備を今しておけばいいんだよ。」
と、友人の言葉に救われた事もあります。

なので、今はゆるく添加物の入っている商品はなるべくとらず、体を温める食材を食べるように心がけています。
少しの事からコツコツと。最近夜も歩きやすい気候になってきたのでパートナーと一緒によるランニングや散歩に出る機会が増えました。
ほんのささいな事ではありますが「2人で頑張ってる感」がとても嬉しいです。
2人の距離も縮めつつ、今後もまだ見ぬわが子の為に、しっかりと2人で準備をしていきたいと思っています。

2017.06.29

お昼のお弁当

結婚生活を続けていくうえで、作るのか、外食にするのか。
大切なキーポイントになるのが「お弁当」です。
また、働き方によっても違ってくるとは思いますが、お昼に好きな人が作ってくれたお弁当を食べる事が出来るなんて最高ですよね。
最近インスタグラム等では、手の込んだお弁当が沢山アップされています。
いつもインスタグラムのキャラ弁当を作っている人を、すごいなーと尊敬のまなざしで見ています。

さて、お弁当ですが、作ってほしいですか?それとも外食でいいですか?
と周りの友人に質問をしてみた所、以外に外食でもいい。という声が聞こえてきました。
でもその理由が…ちょっといい話なんです。
ある方の回答を皆様にお届けします。

Aさん「お弁当は別に無理して作らなくてもいいな〜」
筆者「どうして?奥さんのお弁当を食べたいと思わないの?」
Aさん「そりゃあ、食べたいけど、お弁当を作る事で妻の負担を増やしているのであれば、妻も仕事をしているしもっと楽にしてもらいたい。」
「それに、女の人が絶対にお弁当を作る。って決まりはないから、作れるときは逆に僕が作ってあげたいと思うし、もし妻がいいのであれば(笑)一緒にお弁当を作りたいと思ってる!」
…なんて素敵な夫婦なのでしょう。

各家庭で事情は様々あると思います。夫婦の形もあると思います。
でもこのAさん夫婦のように、お互いがお互いを思いやれる夫婦になる事が出来たらいいな、と思わずにはいられませんでした。

2017.06.13

友人の結婚式で同級生とお話しした内容

こんにちは。
先日友人の結婚式に行ってきました。
その際に同級生とお話しした内容が印象的だったので、今回はお話しさせて頂きます。

「結婚式って素敵だね〜。」
「でも結婚って大変だよ!」

と会話の一部でこんな話をしていました。
わたしはまだ独身なので、結婚に対してある程度の夢を持ったり、理想を持ったりしています(笑)
でも理想と現実は違うもの。。
理想では、夫婦仲良く暮らしていって、子どもも授かる事が出来て、休みの日には家族で小旅行なんかいっちゃって…
なーんて、「家族全員で仲良し」なのが理想ですよね。

ただ、結婚すると思っていたこととは正反対な事や、想像もしていない事が沢山おこるのです。
例えば、毎日帰ってきて1日の出来事を夫婦で話したくても「今日疲れたから。」と断られ、それが1日や2日ではなく
数日、1週間続いてしまう場合も…。
そうなってしまうとフラストレーションが溜まったり「思い描いていた結婚生活じゃない…」とネガティブになってしまいますよね。
ネガティブばっかりだと良くない!と思っていても、人間ネガティブな思いは表面に出てきてしまうもの。

また、逆に子どもが生まれたら子ども優先になってしまう事もあると思います。
お互いイライラして、八つ当たりして、ネガティブモードに入ってしまうと…よくないですよね!
そんな時、どうすれば良いのでしょう??

結婚生活の中で、相手に対してネガティブになってしまう時や、イライラする事も増えてきてしまうと思います。
そんな中…「じゃあどうやってそのネガティブを吹き飛ばせばいいんだろう?」と単純に思って
「お互いイライラしてる時はどうするの?」と友達に聞いてみました。

「イライラした事や思った事があれば手紙にする。」
「その手紙について無視したり、話を逸らしたりする事はなし。」
「これは夫婦の約束にしてる!」

…なるほど!
直接話をすると気持ちが先走って傷つけてしまうかもしれないので
自分の気持ちを整理する為にも手紙にして旦那様に渡すそうです

夫婦の「約束」とする事で、夫婦仲は深まりいい関係を築けているのだそうです。
また、ネガティブな気持ちだけではなく日々の「ありがとう」「感謝しています」等も
手紙にして伝える事もあるのだそう。

最近は旦那様からも感謝のお手紙をもらう事があるそうで
嬉しそうに話してくれました。

全ての夫婦が実践できるわけではありませんが、
こういった夫婦での「約束」を作ってコミュニケーションをとる事は、とても大事な事ですね。

2016.06.16

ハネムーンは国内?海外?

結婚式が終わったら、新婚旅行ですよね。ハネムーンは国内?海外?一生に一度のハネムーン、せっかくだから
海外に行きたい!という方も多いですよね。ところで、ハネムーンとは普通の旅行とは何が違うのでしょうか。

プライベートビーチでまったり?ヨーロッパで中世にタイムスリップ?アクティブに市街を大散策?ハネムーン
専用のツアーパックなら、新婚気分を味わえるオプションなどが豊富に盛り込まれていることもありますが、今

回は、比較的に気軽にできてハネムーンらしさがアップするポイントを紹介します。旅行と言えばやっぱり写真
。とくにハネムーンだからこそ、たくさんの写真を撮って思い出を残したいという人は多いですね。でも、普通

に写真を撮るだけじゃつまらない。ハネムーンならではの思い出に残る記念撮影をおすすめします!たとえば、
特別な衣装を持っていくだけで、ムードもテンションもアップします。自分はもちろん、旦那様もドレスアップ

した姿に喜んでくれるはずです。本格的なウエディングドレスとまではいかないまでも、ボリューム控えめな白
いドレスを基調に、旦那様も白でまとまれば、新婚の雰囲気をたっぷり味わえます。現地の人からも祝福しても

らえること間違えなし。ぜひ参考にしてみてください!

2016.06.12

結婚式の子供たち

可愛い!と思わず笑顔になる結婚式の子供の演出。ばっちりと正装した男の子、お揃いの可愛らしい衣装を着た
女の子。子供たちに結婚式に参加してもらう演出は、見ているゲストも笑顔になってしまう、とても可愛らしい

演出ですよね。例えば、リングボーイ。指輪交換の時に使う、リングピローを運びます。可愛らしく、凛々しい
姿に笑みがこぼれてしまう、素敵なシーンです。他には、フラワーガール。挙式で新婦とお父さんが入場する前

を先導して歩きながら花束を撒いて歩きます。お花を一生懸命撒いてる姿が、とっても微笑ましいですよね。お
花の代わりにふわふわした羽を撒くフェザーガールもありますね。最後は、ベールボーイ、ベールガール。新婦

の長いベールの裾を持って歩いてもらいます。足並みを揃えて歩く姿がとても可愛らしい演出です。複数名いる
場合は、衣装を合わせるなどしても、可愛さがさらにアップしますね。子供たちに参加してもらう演出は、会場

全体が和やかなで、あたたかい雰囲気になり、オススメです!

2016.06.11

結納の時期と日どり

日本では、婚約は「結納」によって正式に決められてきました。今では「両家の顔合わせ」など形式は年々緩や
かになってきているようですが、結納金や婚約指輪、あるいは結納返しを交わすならば、それに伴う準備が必要

です。結納は当然ながら、結婚式や入籍に先立って行われます。結納の目的は両人の婚約を整えるこですが、同
時に結婚に向けた両家両人の話し合いの場でもあります。したがって、結婚式の招待客や費用、段取りの準備に

ついての見通しを立てたり、あるいはすでに進んでいる準備の経過を確認したりできる時期に結納が行われると
こが多いようです。結婚式前の3ヶ月前後に結納を行う方が多いのではないでしょうか。また、よく利用される

日どりは、「大安」「先勝」などの「六曜」に基づいたものです。しかし、両家の都合で「土日であれば六曜は
気にしない」という傾向もあります。両家である話し合って無理のない状態で結納を迎えられると良いですね。

2016.04.07

親御さんへの挨拶は・・・

プロポーズが決まったら、新居も大切ですが、両親への挨拶も大切です。

親御さんからの信用もありますし、ここは早く済ませたいですね。

で私の場合は、彼女の実家が岡山だったので、挨拶に行くにも一苦労でした。

土日の休みを使って、一泊二日の小旅行でした。

土曜日の朝、東京都を経ち、岡山につくと、彼女の両親兄妹家族が迎えてくれ、みんな揃ってのBBQ。

夜遅くまで飲んでいた私は、そのまま彼女の実家にお世話になり、朝二日酔いのまま起きると、お父さんと彼女と一緒に近くのコンビニに朝食を買いに行きました。

そして、帰ってくると、私はセブンイレブンで買ったサンドイッチを頬張りながら、スポーツ新聞を読むお父さんと、他愛もない会話の流れから、『彼女と結婚させてください。』と。

鞄の中のスーツも、前の日に緊張した気持ちも、使つタイミングがありませんでした。

テレビドラマで見ていたあの名シーンはこんなもんなんだな、と。

どちらにせよ、重量なのは、親御さんや家族と仲良くなれること。

私の場合は、前の日のBBQでみんなと仲良くなれたことが全てでした。

2016.04.05

二人が初めて暮らす街

二人の新居を探すとなれば、重要なのは、住む地域。

今回は二人の新生活をする新居についてお話しします。

私は、以前から『吉祥寺』が大好きで、二人の新居は絶対に『吉祥寺』と決めておりました。

しかし、『吉祥寺』は毎年住みたい街ランキング上位の人気エリア。

休みの日もカップルや家族連れで溢れ返っている街です。

街には雑貨屋さんやお洒落カフェが沢山あり、何度遊びに行っても新しい発見があって飽きません。

しかし、その大人気エリア、実は住むとなると、逆に人が多くて住みづらいのです。

そこで、自分は、隣の駅『西荻窪』に住むことにしました。

駅を隣に一つずらすだけで、行き交う人の数も減り、非常に過ごしやすくなるのです。(これは、負け惜しみではありませんよ笑)さらに、『吉祥寺』に比べて家賃も安いので、まさに良いことづくし。

皆さんも住みたい『街』があったら、その周りの地域も忘れずにチェックしてください。

理想の物件が隠れているかもしれませんよ。

2016.04.03

新居選びの男女の違い

プロポーズを決めた後、重要になるのが、二人の愛の巣、『住居選び』。

男性と女性の考え方、生活環境や価値観の違いから、部屋を選ぶのは、なかなか難しいもの。

例えば、男性の場合は、出来るだけ駅から近いほうがいいとか、女性は、二人の新しい生活が始まるので、新しい部屋の方が良いとか。

そして、中でも重要なポイントは、家賃。

二人の条件を見事に満たして、尚且つ低価格な新居なんて中々ないもの。

さらには、今後の為にも貯金もしなければなりません。

引っ越し資金、家具、結婚式の資金、そして結婚指輪。

でも、よく考えたら、今まで二人がそれぞれ暮らしていた家賃を合わせると、結構高額になるもの。

ここで新生活をする方へアドバイス。

二人の新居の家賃は、二人が今まで暮らしていた家賃の合計の2/3程度の場所にしましょう。

一人で7万円の部屋に暮らしていた場合、二人の家賃の合計は、14万円。

この場合、二人の新居は、10万円程度の家賃の場所にし、残りのお金は、今後の為にきちんと貯金しましょう。

気が付いたら、意外とお金が溜まってるので、新居をお探しの方はどうぞご参考に☆

2016.04.01

二人だけのプロポーズ

プロポーズをお考えの男性の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

人生に一度きりの大イベントを、どんなサプライズでパートナーを喜ばせるか、試行錯誤している方も多いはずです。

例えば、『地上50階夜景の見えるレストラン』で、
例えば、『二人が初めてデートしたあの街』で、
例えば、『やっととれた連休で出かけた旅行先』で、
例えば、『付き合った年数のバラの花束を用意して』など、

100組のカップルがいれば、そこには100通りのプロポーズがあるはず。

レストランの予約や旅行のスケジュール、プレゼントの用意など、頭を抱えている人も多いのでは?

そんなサプライズの一つとして、結婚指輪をお二人でデザインされてはいかがでしょうか?

一生身に着ける結婚指輪だからこそ、心の底から気に入った指輪が欲しいもの

RITOEなら、世界に一つだけ、人生で一度だけ、二人にしか作れないマリッジリングをお作りいたします。

人生にたった一度の最高の時に、世界にたった一つのリングをデザインいたします。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約