ブログ

2015.11.21

手作り結婚指輪のプロと同じロストワックス製法

手作り結婚指輪の専門店RITOEでは、おふたりがご自身の手で結婚指輪を作ることが出来ます。

そこで何回かに渡って指輪の作り方を説明してきましたが、今回もロストワックス製法について書いていきたいと思います。

ロウソクと似た、ロウ素材のワックスを使い指輪を作っていくロストワックス製法は、指輪制作において最もポピュラーで、プロと同じ作成方法になります。

一般的にジュエリーショップで売られている指輪は、まずはじめに原型職人さんが指輪の原型を作り、その指輪の原型のゴム型をたくさん作ります。

ゴム型とは、指輪の隅々までを再現できるように、ゴムで型をとったものになり、その中に原型製作時とは別の、専用のワックスを流しこむことで、ワックス原型を量産することが出来ます。

そして、そのゴム型から作られたワックス原型を鋳造し、仕上げていくことで、同じ指輪を大量に生産することができるのです。

おふたりが作るワックス原型は、ゴム型を取り、再利用をすることはありませんので、世界に一つの結婚指輪を作ることが出来ます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.21

手作り結婚指輪のロストワックス製法の流れ

25

手作り結婚指輪・手作り婚約指輪の専門店RITOEは東京の表参道にお店を構えています。

指輪の作り方として、RITOEが採用しているロストワックス製法について、深く書いていきたいと思います。

まずはじめに使用するのが、ろうそくのロウと同じような素材のチューブワックスを使用し、指輪の原型を作っていきます。

ワックスはロウ素材なので、ヤスリなどで簡単に削ることが出来ます。

ワックスで作った、指輪の原型が完成しましたら、専用の工場で鋳造を行います。

ワックスに湯道と呼ばれる、写真の指輪と指輪を固定している枝のようなものをくっつけて、ゴムの台に固定します。

容器でフタをしまして、その中に水で溶かした石膏を流し込みます。

石膏が固まりましたら、加熱してワックスを溶かして取り出します。

作った指輪の原型と同じ空洞が石膏の中に出来上がります。

その中にプラチナやゴールドなどの貴金属を流し込むと、作った指輪が金属に生まれ変わります。

湯道を切り離し、仕上げをすると指輪になるという流れです。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.20

手作り結婚指輪のロストワックス製法

手作り結婚指輪、婚約指輪の専門店RITOEは、東京の表参道にお店を構えています。

日々、世界にひとつの手作り指輪が生まれています。

実際指輪を作るときに気になるのが、具体的な指輪の作り方です。

そこで、様々ある指輪の作り方をご紹介したいと思います。

まずRITOEでの指輪作りですが、ロストワックス製法という、指輪の作り方を採用しています。

これは、ワックスというロウ素材を使い、ワックス原型を作ってから鋳造をしていくという方法です。

指輪を作ると聞くと、金属を叩いて作ることをイメージする方も多くいらっしゃると思います。

金属を叩いて作る方法は、鍛造という作り方です。

その他には、CADで作る方法もあります。

パソコン上でデザインを設計して作っていきます。

大きく別けると、ロストワックス製法、鍛造、CADが指輪を作る方法として有名な方法です。

次からは、RITOEで採用しているロストワックス製法での指輪作りを中心に、指輪を作る方法をご紹介していきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.20

手作り結婚指輪に必要な工具

7

結婚指輪、婚約指輪をおふたり自身で作ることができる、手作り指輪の専門店RITOEでは、指輪を作るための工具を紹介していきたいと思います。

ここに並んでいる工具は一部ですが、順番に説明していこうと思います。

写真の上の方にある、瓶に入った緑色の棒状のものですが、こちらはチューブワックスと呼ばれるもので、指輪の原型をつくるためのもとになります。

真ん中にあるノコギリは、チューブワックスをお好みの太さに切るときに使います。

その隣の黒い棒ですが、こちらはサイズ棒になります。

指輪のサイズを測るときに使います。

その隣糸ノコギリです。

指輪の余白を大まかに切ったり、細かいラインのデザインを入れるときに使います。

小さなバケツにはケガキコンパスが入っています。

このケガキコンパスでは、切ったり削ったりするときの目印を付けるのに便利です。

そして両サイドにはヤスリが置いてあります。

ヤスリは様々な形があり、工程ごとやデザインによってうまく使い分けます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.19

手作り結婚指輪RITOEの小さな手作りブーケ

10

結婚指輪を東京で作ることができる、手作り結婚指輪専門店のRITOEでは、ものづくりの魅力を共有できたらと思い、スタッフも様々なものの手作りに挑戦しています。

その一つがこちらのお花のブーケになります。

結婚指輪を手作りするおふたりに、指輪と一緒に素敵な想い出も作っていただきたいと思い、細かい装飾にもこだわりました。

前回でもブーケについて書きましたが、今回は前回よりも小さめのブーケを紹介です。

こちらのブーケは一番多く同じものを作ったので、店内でも一番目にする機会が多いブーケになります。

こちらのブーケのコンセプトですが、おふたりが結婚を誓い合う、チャペルを彩るブーケをイメージして作りました。

写真ではおふたりの結婚指輪を作成する作業机にくっつけてあります。

作業机の両端にブーケをつけてあるので、結婚指輪を作っている制作風景がとてもはえます。

白を基調としたシンプルな内装に、チャペルをイメージしたブーケと作業机。

ぜひカメラをお持ちになってお越しください。

2015.11.19

手作り結婚指輪RITOEの手作りブーケ

13

手作り結婚指輪、手作り婚約指輪の専門店RITOEでは、手作りのお店ということもあって、指輪以外にも様々なものを手作りしています。

そのうちの一つがこちらのお花のブーケです。

このブーケですが、生花ではなく、造花を使用しています。

造花にもいろいろ種類はあったのですが、東京に造花の専門店があり、そこでいろいろ見ていると、本物に間違えくらいクオリティの高い造花がたくさんありました。

クオリティの高い造花を見ていると、創作意欲が湧いてきて、ブーケを手作りすることにしました。

コンセプトは店内の雰囲気にあわせて、ホワイトとグリーンを中心とした色使いで作りました。

ブーケといえばバラを組み合わせるイメージしかありませんでしたが、いろいろ研究し、様々なお花を組み合わせてみました。

上記写真のブーケですが、ひとつはゴージャスにしたかったので、バラやユリが勢い良く咲き誇るイメージで作りました。

その他にもブーケを作成しましたので、お越しの際はぜひ見てみてください。

※店舗情報はコチラ

2015.11.18

手作り結婚指輪の専門店RITOEの内装

6

手作り結婚指輪、婚約指輪の専門店RITOEは東京の表参道にお店を構えています。

常に流行の最先端をいく表参道。

いろいろなシーンに答えてくれる、個性的なお店がたくさんあります。

賑やかな表参道の街並みの中、一歩奥に入った閑静な路地にRITOEはあります。

RITOEの内装は、白を基調としたシンプルな作りになっています。

ブライダルということもあり白をベースに店内を作っていったのですが、それと同時にスタジオのような店内にすることを目指しました。

手作りで結婚指輪、婚約指輪を作ることはとても特別な想い出になりますので、ぜひ写真や動画に残していただきたいと思ったからです。

写真を撮った時の背景が、真っ白だとスタジオで撮ったようなとても綺麗な写真が撮れます。

余計なものがないシンプルな空間は、ふたりだけの世界を演出することが出来ます。所々に飾ったお花の白や緑やピンクなどのカラーが、おふたりを祝福するように彩ります。

世界に一つの指輪と同時に、特別な想い出も作っていただきたいと思っております。

※店舗情報はコチラ

2015.11.18

結婚指輪を作るときに着るエプロン

4

結婚指輪、婚約指輪をおふたりで手作りできるリトエでは、結婚指輪を作るその瞬間も、おふたりにとっても特別な想い出にしていただきたく、いろいろな準備をしてお待ちしております。

今回ご紹介するのはRITOEのオリジナルエプロンです。

ベージュとカーキの2色ご用意していまして、どちらも洋服を選ばないデザインになっています。

ちょうど胸の位置にロゴがきますが、このエプロンも自分たちで手作りしちゃいました。

エプロン自体は購入しましたが、プリントはロゴの画像から版を作り、専用の器械でサッと刷っていきます。

カーキを1枚失敗したのも、今では良い思い出です。

結婚指輪、婚約指輪を手作りすることは、とても特別なことなので、ぜひ想い出を作っていただきたいと思っています。

そして、おふたりの力になれるように、私達もしっかりサポートいたします。

おふたりの特別な場所がRITOEになるように、RITOEのオリジナルエプロンを着て、指輪を作っていただけたらと思っております。

※RITOEについてはコチラ

2015.11.17

手作り結婚指輪の作業机.2

7

手作り結婚指輪の専門店RITOEでは、おふたりに素敵な想い出を作っていただきたいと思い、作業机にもこだわっています。

ワックスを切ったり削ったりするときに、机が揺れないようにある程度の重さが必要です。

スリ板を置くテーブルはグラグラ揺れないよう硬い木を使い、強度を高めています。

スリ板はデザインの打ち合わせや無料体験がしやすいように、付け外しができるような仕様になっています。

おふたりが一緒に手作りができるように、おふたりが作る席に仕切りを作らなかったのもポイントです。

結婚指輪を手作りしていただくので、ブライダル感を出すために、ブーケを飾りました。

ブーケは、結婚式場のチャペルを意識した飾り方をしています。

このブーケも実は手作りなんです。

ブーケについてはまた次回書かせていただきたいと思います。

横しまのボーダー模様はデザインのために取り入れただけでなく、写真や動画で素敵な想い出を作っていただきたく、このデザインにしました。

2015.11.17

手作り結婚指輪の作業机

7

手作り結婚指輪の専門店RITOEで、指輪を作るときに使っている机をご紹介です。

手作り結婚指輪のお店ということもあって、こちらの机ですが手作りしました。

手作りした経緯ですが、おふたりが一緒に作る結婚指輪なので、ふたり用の机を探していました。

しかし、指輪作り用の専用机では、職人用の一人用のものしかなく、ふたりが仲良く並んで作れるような机はなかったのです。

そこで作ることにしました。

機能性とデザインもいろいろ研究し、ボーダーデザインの机を作ることにしました。

設計図を書き、ホームセンターで木材を買い、ペンキで色を塗り、組み上げる。

なかなか大変な作業でしたが、ブライダルっぽい作業机が出来たと思います。

ボーダーのデザインにしたのは、実際よりも少し横長に見えるので、写真を撮ったりするときに、おふたりが密着し仲良く作っているように見えるからです。

色は白に統一し、ウエディング満載なデザインです。

※RITOEについてはコチラ

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約