ブログ

2015.12.04

手作り結婚指輪の「結婚指輪」プラン

手作り結婚指輪、手作り婚約指輪の専門店RITOEでは、世界に一つの結婚指輪、婚約指輪を、おふたりの手で作りことができます。

RITOEの手作り結婚指輪にはデザインの制限がないので、オリジナルのデザインを自由に手作りすることができます。

自由にデザインを手作りできますが、価格がどのように決まっているか気になるところだと思います。

前回に引き続き、価格について書いていきます。

RITOEの複数ある料金プランの「結婚指輪プラン」についてです。

内容は、自由にオリジナルのデザインを手作りできます。

金属は初めから2.5グラムが含まれていまして、お好みの金属素材から選ぶことができます。

お好みの金属素材はコチラ

そして指輪の内側に入れる文字ですが、刻印かレーザー文字を自由に選ぶことができます。

この指輪の内側の文字ですが、こちらは成約特典になりますので、無料で入れることができます。

ご成約特典

ご納品まではおおよそ3週間~1ヶ月半です。

「結婚指輪プラン」は57,500円になります。

※手作り指輪の価格についてはコチラ

2015.12.03

手作り結婚指輪の料金プラン

「世界に一つの結婚指輪を、ふたりで手作りしたい!」

リトエはそんなおふたりのお手伝いをしています、手作り結婚指輪の専門店です。

東京の表参道にお店を構え、JR原宿駅から徒歩6分、東京メトロ表参道駅から徒歩6分、明治神宮前駅から徒歩3分と、とてもアクセスが便利です。

みなさまぜひお気軽にお越しください。

前回から書き始めました手作り結婚指輪の価格について、ご説明をしていこうと思います。

まず初めにリトエの料金プランからご説明をしていきます。

リトエでは結婚指輪のプランを2つご用意しています。

一つ目は、デザインを自由に手作りできる「結婚指輪プラン」です。

二つ目は、甲丸、平打、鎚目、アンティークの4種類からデザインを選び、そのデザインを手作りできる「シンプルマリッジプラン」です。

「結婚指輪プラン」の基本料金はペア2本で57,500円です。

「シンプルマリッジプラン」の基本料金は45,000円です。

次回は内容を詳しく書いていきます。

※手作り指輪の価格についてはコチラ

2015.12.03

手作り結婚指輪の価格

手作り結婚指輪、婚約指輪の専門店RITOEです。

RITOEでは世界に一つの結婚指輪を、おふたりの手で作ることができます。

RITOEの手作り結婚指輪では、デザイン制限を設けていないので、自由に手作りすることができます。

プロの職人がマンツーマンでしっかりサポートいたしますので、初めての方でも理想の指輪を作ることができます。

初めての指輪作りなので、気になることや不安なこともたくさんあると思います。

そこで今回はこのブログで、何回かに分けて手作り結婚指輪のお値段についてご説明していこうと思います。

自由に手作りできるわけですが、価格はどうやって決まっているのか気になると思います。

手作りのお店では、作る結婚指輪によって価格が変わることがほとんどです。

手作り結婚指輪が、既成品やオーダーメイドと比べて、安いのか高いのか気になるところだと思います。

手作り結婚指輪の価格と合わせ、価格に見合ったデザインが作れるかなど、様々な角度から説明していきます。

※手作り指輪の価格についてはコチラ

2015.12.02

手作り結婚指輪の寸法は、価格に大きく関ります。

世界に一つの手作り結婚指輪を、おふたりの手で手作りすることが出来る、手作り結婚指輪の専門店RITOEです。

今回は手作り結婚指輪の寸法が、価格に大きく関わるということについて書いていきます。

一般的に結婚指輪に使用されているプラチナやゴールドは、とても希少な金属です。

指輪でも使用量が増えると、比例して価格が高くなります。

一般的なジュエリーショップに売られている既成品と違い、手作り結婚指輪はデザインを自由に決めることが出来るため、使用した金属量で価格が大きく変わります。

細身のデザインより、しっかりした太いデザインの方が価格は高くなりやすいです。

逆に言えば、デザインを細く軽くすれば価格は下がりますが、指輪の強度が落ちてしまうことがあります。

初めて結婚指輪を作るおふたりが、強度やつけ心地を理解して指輪を作ることは難しいと思います。

RITOEのでは、知識や技術、今までの経験の中で培ってきた独自の方法で、しっかりマンツーマンでおふたりをサポートいたします。

※手作り指輪の価格についてはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.12.02

手作り結婚指輪の寸歩を、部分的に変えるとき。

手作り結婚指輪・婚約指輪の専門店RITOEです。

世界に一つの手作り結婚指輪を、おふたりの手で作ることができます。

RITOEでは、デザインに制限を設けていないく、そのたいろいろサービスも充実していますので、理想の指輪を作ることができます。

長く手作り結婚指輪の寸歩について書いてきました。

今回は一周同じ寸歩と思われがちな、甲丸デザインや平打デザインなどが寸歩を部分的に変えるときについて書いていきます。

一周が同じ寸歩でも問題はありませんが、おひとりお一人指の形が違うので、つけ心地を考えると部分的に寸法を変えることがあります。

指輪を着けた時に、周りの肌が盛り上がりやすい方の場合、手の甲側を少しだけ厚みを足してあげます。

厚みを足したぶん、少しだけ指輪の内側のカドを取る内甲丸を強くしてあげます。

そうすることで手の甲側だけデザインが浮き上がり、肌の盛り上がりをすっきり見せることができ、つけ心地も良くすることができます。

RITOEの手作り結婚指輪は、細かい所までこだわり、ご一緒させていただければと思っております。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.12.01

手作り結婚指輪の寸法バランス

9

手作り結婚指輪の専門店リトエです。

長く指輪の寸法について書いてきましたが、今回は全体のバランスについて書いていこうと思います。

指輪の寸法はデザインによっては、部分的に変わることがあります。

写真の指輪のように、手の甲側に斜めにデザインが入っている場合ですと、手のひら側と比べて少し高さを出してあげます。

例えば1.5ミリの厚の指輪だとして、斜めのデザインの部分も同じ寸法で作ってしまうと、その部分だけ華奢に見えてしまいます。

斜めにデザインが入るということは、高いところと低いところが出来るためです。

バランスの良いデザインにするためには、寸法を部分的に変えて作る必要があります。

寸法を部分的に変えるというバランスについては、甲丸デザインや平打デザインなどの、一般的に全体的に同じ寸法で出来ているデザインについても当てはまることがあります。

甲丸デザインや平打デザインにおける寸法を変えることについて、次回書いていこうと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.12.01

手作り結婚指輪の厚み

結婚指輪を自分の手で作る。

最近は、おふたりで作ることが出来る、手作り結婚指輪がとても流行っています。

手作り結婚指輪の専門店リトエは、そんなおふたりの希望を叶えます。

体験、相談はいつでも開催中です。

デザインのご提案、お見積り無料なので、お気軽にお越しください。

前回に引き続き指輪の寸法についてですが、今回は厚みのある指輪についてです。

一般的に多い厚みの寸法は1.5ミリほどですが、2.0ミリくらいある指輪もあります。

見た目にも、かなりしっかりとした印象なデザインになりがちですが、たっぷりと金属を使ったデザインは高級感もあります。

しっかり太めなデザインをお好みの方には、厚みもしっかりある指輪がおすすめです。

しかし、幅は小さいのに厚みだけある指輪は、指輪を閉じた時に違和感を感じる恐れがあるので、手作りするときは注意をしないといけないです。

指輪の幅にも合わせて、厚みも変わっていきますので、全体的なバランスを見てデザインを作っていくことが重要です。

次回は、指輪の全体のバランスについて書いてきます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.12.01

年末年始の営業時間について

年末年始は、時間を変えて営業致します。

12月28日(月)12:00 ? 19:00
29日(火)12:00 ? 19:00
30日(水)12:00 ? 19:00
31日(木)12:00 ? 19:00
2016年1月1日(金)休業
2日(土)12:00 ? 19:00
3日(日)12:00 ? 19:00
4日(月)通常営業

ご不明点などありましたら、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願いします。

お問い合わせはコチラ

2015.11.30

手作り結婚指輪のデザインと寸歩の相性

手作り結婚指輪、手作り婚約指輪の専門店リトエは、東京の表参道にお店を構えています。

JR原宿駅から徒歩6分、東京メトロ表参道駅から徒歩6分、明治神宮前駅から徒歩3分の、アクセスに便利な場所です。

みなさまぜひお気軽にお越しください。

前回に引き続き、指輪の寸歩について書いていきたいと思ってます。

今回は、指輪のデザインと寸歩の相性について書いていきます。

まず指輪の厚みについてですが、一般的には1.5ミリ程度の商品が多いです。

これは細身のデザインや、標準くらいの幅のデザインにとって、バランスが良く見える寸法になります。

とても細いデザインをご希望の方ですと、1.5ミリより細い厚みを希望されることもあります。

指輪のサイズも関係してきますので、女性で1.3ミリくらいをご提案することもありますが、あまり細すぎると強度に不安が出てきてしまうので、1.3ミリをご提案することは珍しいです。

次回は1.5ミリ以上の厚みの場合について書いていきます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.30

手作り結婚指輪の一般的な寸歩

世界に一つの結婚指輪をふたりで手作り出来る、手作り結婚指輪の専門店リトエです。

世界に一つの手作り結婚指輪とは、おふたりが想いを込め、願いを込めて作ることと、私たちがしっかりとおふたりの理想に導くことで生まれると思っています。

結婚指輪を手作りするときは、デザインだけでなく指輪全体の寸歩も考えなくてはなりません。

結婚指輪には一般的な寸歩がありますが、いろいろなデザインを試着することで、理想のデザインと、それを叶える寸法を導いていきます。

寸法はデザインだけでなく、強度にも大きく関わってきます。

結婚指輪の厚みは、一般的には1.3mm?2.0mmほどが多いです。

寸法に差があるのは、指輪のサイズ、デザインや幅によって、適性の寸法が変わってくるからです。

結婚指輪の幅は、一般的には2.0mmほどを細身、3.0mmほどが普通で、4.0mmくらいになってきますと、かなりしっかりしたイメージです。

最近はやや細身のデザインが多いです。

次回は、寸法とデザインの相性を書いていきます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約