RITOE指輪物語

RITOEの手作り結婚指輪・婚約指輪にかけるおもいや、知識を掲載しています。
理想の結婚指輪・婚約指輪に出会えるように、ぜひ参考にしてください。

どうやって指輪を作るの?

RITOEでは「ロストワックス製法」という製法を用いて指輪を作っております。
ロストワックス製法というと、一般の方にはあまり馴染みがない言葉かと思います。

ロストワックス製法は鋳造の一種であり、一般的な鋳造よりも複雑で寸法精度の高い形状を作ることができるため、精密鋳造とも言われます。
ロストワックス製法で用いるワックスは青や紫、緑色などのカラフルなロウ素材を使用し、それを切ったり削ったりしながら、世界に一つだけのお客様オリジナルの指輪の型を作っていくのです。
ワックスはロウソクのように柔らかいため、失敗してもやり直しができることや、RITOEのプロの職人が親切丁寧にサポートいたしますので、手先が不器用な方や、細かな作業にあまり自信がないという方でも安心して作成することができるのです。
その後、お客様に作成して頂いた指輪の原型に、プロの職人が修正を施し、デザインを変えることなくバランスを整えてより見た目をきれいにしたり、つけ心地を良くする調整をします。
その修正が済んだら、石膏を流し込み、鋳造を行います。
この鋳造は、専用の工場で行っていきます。その後、仕上げ専門の職人によって、磨いたり石を留めたり文字を彫り込んだりして仕上げていきます。
お客様のお手元を離れてからお客様のお手元に戻るまで、全てをプロの職人が行い、世界に一つだけの指輪を仕上げていくのです。

手作りだと既製品と比べてクォリティが下がるのでは?

RITOEで作る指輪も、一般のジュエリーショップで売られている指輪も、その多くが「ロストワックス製法」で作られております。
つまり、RITOEではプロと同じ方法で指輪を作ることができるのです。
手作りだから既製品と比べてクォリティが下がる、劣るということは全くないのです。

客様に作成して頂く際も、必ず最初に指輪ができるまでの一連の流れと、金属部分やダイヤモンドなどの宝石といった素材部分について、しっかりとご説明させて頂き、納得して頂いてから作成して頂くのです。

電話で相談する
ご来店予約