RITOE指輪物語

RITOEの手作り結婚指輪・婚約指輪にかけるおもいや、知識を掲載しています。
理想の結婚指輪・婚約指輪に出会えるように、ぜひ参考にしてください。

ブランドという看板、それとも・・・

結婚指輪・婚約指輪のお店には海外、国内問わず一流ブランドがたくさんあります。伝統や歴史、信頼性などがある一流ブランドに憧れる方はとても多いのではないでしょうか。
実際、私も一流ブランドの背景を知ると感銘を受けることもたびたびあります。しかし一流ブランドが、そうではないブランドと比べて特別高品質なものを使っているというわけではありません。

例えば金属についてですが、プラチナやゴールドが結婚指輪・婚約指輪では一般的だと思います。プラチナやゴールドはブランドが独自で開発した金属というわけではなく、元素記号で言う「Pt」と「Au」に当たるものなので、地球からの贈り物なのです。
これは結婚指輪・婚約指輪で最も重宝される宝石のダイヤモンドでも同じことが言えます。ダイヤモンドもブランド独自で開発しているものではなく、天然石なので美しいものとそうではないものがあります。それぞれブランドごとに品質の基準を定め、一流ブランドはその中でも品質の高いダイヤモンドのみを選んでるということです。
一流ブランドのダイヤモンドを購入すれば高品質なことは間違いないですが、これが全てのお客様に合うかというとそうではないと思います。なぜならダイヤモンドは価格や鑑定書だけでは判断できない、とても奥深いものだからです。
例えばある程度の”大きさ”のダイヤモンドをご希望のお客様が、一流ブランドでご予算が合わなかった場合は、”大きさ”を諦めるしかないということです。一流ブランドは高品質なもののみに基準をおいているので、グレードを下げるにも限界があります。しかしグレードを下げるからといって、ダイヤモンドの美しさが変わらないこともあります。そういった幅広いお客様に合わせてダイヤモンドをご用意しているブランドはたくさんあります。特にダイヤモンドは「出会いの石」と呼ばれるので、自分に最も合ったダイヤモンドを探すのも結婚指輪・婚約指輪の醍醐味だと思います。

結婚指輪・婚約指輪を選ぶ基準は十人十色だと思いますが、「ブランド」「憧れ」で選ぶことも大事だと思います。好みのブランドや憧れのブランドの指輪を身につければ、気分も違うと思います。
もしブランドや憧れではなく、「デザイン」「想い」「世界に一つ」にこだわるのであれば、私たちはお手伝いをすることが出来ると思っています。
手作り結婚指輪・婚約指輪のRITOEでは様々なデザインを作ることが出来ますし、指輪のサンプルは100種類以上のオリジナルデザインをご用意しています。世界に一つの指輪を作るRITOEでは、一組一組に合わせておふたりの想いを大切にし、ご一緒にカタチにしていきます。

電話で相談する
ご来店予約