ブログ

2015.11.15

手作り結婚指輪のチューブワックスごとの適したデザイン

手作り結婚指輪リトエで使っている緑色のチューブワックスについて本日も学んでいきたいと思います。

中心に穴が空いたチューブワックスと、中心からずれた位置に穴が空いたチューブワックスの、具合的に適したデザインをご紹介したいと思います。

8

まずこちらのデザインですが、一周が同じ寸法で作られています。

中心に穴が空いたチューブワックスが適してるデザインです。

寸法が一周同じなため、均等に削っていくことでこの様なデザインを作ることが出来ます。

こちらのデザインの詳細はここで紹介してます。

http://ritoe.co.jp/collection/rm6001-2/

9

次にこのデザインです。

斜めに流れる様な部分が特徴のデザインですが、手の甲の部分はデザインが入るので、全体的に少し厚みがあります。

逆に手のひら側はデザインが入らないので、特に厚くしなくても問題無いです。

横から見た時に、この様なデザインは厚いところと、そではないところが同時にあることで、とてもバランスの良いデザインになります。

これは中心から穴がずれたチューブワックスを使って作っていきます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約