ブログ

2015.11.16

手作り結婚指輪の穴の空いていないチューブワックス

結婚指輪をおふたりで作ることができる、手作り結婚指輪の専門店リトエでは、チューブワックスをしようして指輪の制作をしていますが、穴の空いた筒状のワックス以外もご紹介したいと思います。

まず穴の空いていない棒状のチューブワックスがあります。

これは何に使うかといううと、指輪のサイズが8号以下のかたが指輪を作るときに使います。

通常の穴の空いたチューブワックスでは、穴の大きさが8号に設定されています。

女性では8号以下のサイズの方は非常に多いので、穴の空いていないチューブワックスの登場です。

棒状のワックスの状態から、まずはノコギリを使って輪切りをしていきますが、8号サイズの穴のあいたワックスと比べて、穴の空いていないワックスの方が切るのに時間がかかります。

穴が空いていないため、切る量が増えるためです。

そしてドリルで小さな穴を空け、専用の工具で穴を広げサイズをあわせて行きます。

このワックスがあることで、1?7のサイズも簡単に作ることが出来ます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約