ブログ

2015.11.16

手作り結婚指輪のチューブワックスについてのまとめ

結婚指輪をおふたりが自身の手で作ることができる、手作り結婚指輪の専門店リトエでは、長くワックスについてご説明をしてきましたが、今回は今まで説明した内容をまとめたいと思います。

リトエでは適度な硬さと粘りがある緑色のワックスを使用しています。

これは結婚指輪などのシンプルなデザインを作るときに、メリハリのあるデザインを作ることが出来るからです。

ワックスには穴の位置違ったり、穴なしのワックスがあり、それぞれデザインによって使い分けます。

一周が同じ寸法のデザインは中心に穴の空いたワックスを使います。

デザインのところが他より厚くする指輪では、中心がずれた穴あきワックスを使います。

指輪のサイズが8号以下の場合は穴が空いていないワックスを使います。

これは、穴あきワックスが8号サイズの穴が空いているためです。

四角いデザインの指輪は板ワックスを使うことがあります。

丸い穴が空いていると、四角を作っていくのが難しいため、板ワックスを使います。

それぞれ指輪の作り方は随時更新していきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約