ブログ

2017.01.24

結婚する前に、お互いの両親を顔合わせする食事会について

結婚する前に、お互いの両親を顔合わせする食事会について紹介しています。

結納する場合は、別途紹介します。

前回では、日程調整について、日柄を気にするかどうかという話をしました。

日程が決まったら、場所をおさえます。

場所は、食事をするところなのですが、ある程度、格式のあるところを選びます。

レストランや料亭、自宅、ホテルなどがあります。

ファミレスでやる、ということはないでしょう。

どの場所でも、個室をおさえるようにしましょう。

料亭で行うのが多数派で、次いで、レストラン、ホテルと多いようです。

この食事会での予算は、5万円から10万円くらいが多数派とのことです。

結婚する当事者の二人と、お互いの両親ですので、少なくとも全員で6人です。

安くても一人あたり5000円くらいの食事がかかったり部屋代などがかかる、というわけです。

この費用については、結婚する二人が負担することが多いです。

その場合は、事前に自分の親にその旨伝えておきましょう。

当日になって、どちらが支払うか、ということで揉めないようにするのです。

もちろん、両家で折半することもあるようです。

お金を誰がも使うか、どのように折半するかでも、お互いの価値観がわかるところですね。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりが手作りで結婚指輪・婚約指輪を作ることが出来る、手作り指輪専門のお店です(東京・表参道)。「世界にひとつの結婚指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒に手作りでカタチにしていきます。指輪を作ること自体が初めての経験なので、きちんと指輪が手作りでできるのかという不安もあると思いますが、ご安心ください。プロの職人がマンツーマンで二人の指輪作りをサポートしますので、理想の結婚指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただきます。指輪の原型が完成しましたら、ここからは私たちプロにお任せください。プロの職人がお二人が手作りされた原型から指輪を一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEでは、プロが作る指輪と同じ製法で作り上げますので、手作りだからといって市販のものより強度が落ちるようなことはありません。おふたりのご自分の手で作った結婚指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています

電話で相談する
ご来店予約