ブログ

2017.01.26

両親の顔合わせ時の服装について

結婚する前に、お互いの両親を顔合わせする食事会について紹介しています。

前回では、場所選びについて紹介しました。

服装はどのようにしたらよいでしょうか。

食事会ですが、あまりカジュアル過ぎないようにしましょう。

一般的には、男性がスーツを来て、女性はスーツかワンピースを着用します。

事前に、自分の親とも相談し、どの程度の服装にするか決めておくと良いでしょう。

服装がきっちりしすぎて、雰囲気がちぐはぐにならないように気をつけましょう。

手土産については、特に用意する必要はありません。

もしも用意する場合は、事前に話し合っておくと良いです。

ここまでが、食事会の準備の話です。

服装の考え方では、カジュアルでも大丈夫な家があれば、やっぱりスーツや着物を着るべきだと考える家もあります。

話してみると、自分の親の考え方が思ってたより違ってた、ということもあります。

新たな発見だと思って、考えをすり合わせ、みなが納得できるよう準備しましょう。

さて、食事会の当日はどうしたらよいでしょうか。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりが手作りで結婚指輪・婚約指輪を作ることが出来る、手作り指輪専門のお店です(東京・表参道)。「世界にひとつの結婚指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒に手作りでカタチにしていきます。指輪を作ること自体が初めての経験なので、きちんと指輪が手作りでできるのかという不安もあると思いますが、ご安心ください。プロの職人がマンツーマンで二人の指輪作りをサポートしますので、理想の結婚指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただきます。指輪の原型が完成しましたら、ここからは私たちプロにお任せください。プロの職人がお二人が手作りされた原型から指輪を一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEでは、プロが作る指輪と同じ製法で作り上げますので、手作りだからといって市販のものより強度が落ちるようなことはありません。おふたりのご自分の手で作った結婚指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています

電話で相談する
ご来店予約