ブログ

2017.01.30

食事会の最初について

結婚する前に、お互いの両親を顔合わせする食事会について紹介しています。

前回では、食事会当日で、席順はどうするか紹介しました。

さて、食事会の最初はどうするでしょうか。

結婚する二人のうち、男性から挨拶する場合が一般的です。

もしくは男性の父親が挨拶します。

男性から、今回の食事会の主旨について説明したり、挨拶をします。

その後、お互いの家族を紹介していくわけです。

紹介のあと、家族がそれぞれ自己紹介していきます。

その後で、女性が同じように紹介していきます。

もし記念品の交換を行うようであれば、食事の前がよいです。

料理が運ばれてきしまうと中断されるかもしれません。

自己紹介の後に、交換するようにしましょう。

会食する間は、結婚する二人が話をふるようにすると良いでしょう。

何を話していいのかわからず、間が空いてしまうと気まずくなるかもしれません。

事前にどんな話を振ったら良いか、相談したり、考えておくとよいでしょう。

家族や親戚の話、趣味の話、結婚式について今後のスケジュールなどが良いでしょう。

最後に終わりの挨拶をします。

結婚する二人が挨拶をするか、男性の父親が締めの挨拶をして終わることが一般的です。

会食しているときにする話で、自分の家族が相手の家族のことを知ります。

お互いのことを知り合うことで、今後の結婚式や結婚生活がうまくいようになるわけです。

それぞれの親とたくさん相談して、食い違いがないようにしていきましょう。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりが手作りで結婚指輪・婚約指輪を作ることが出来る、手作り指輪専門のお店です(東京・表参道)。「世界にひとつの結婚指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒に手作りでカタチにしていきます。指輪を作ること自体が初めての経験なので、きちんと指輪が手作りでできるのかという不安もあると思いますが、ご安心ください。プロの職人がマンツーマンで二人の指輪作りをサポートしますので、理想の結婚指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただきます。指輪の原型が完成しましたら、ここからは私たちプロにお任せください。プロの職人がお二人が手作りされた原型から指輪を一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEでは、プロが作る指輪と同じ製法で作り上げますので、手作りだからといって市販のものより強度が落ちるようなことはありません。おふたりのご自分の手で作った結婚指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています

電話で相談する
ご来店予約