ブログ

2017.04.26

理想の結婚(前編)

「理想の結婚」を考えたことはありますか?
町中で出会って、一目ぼれして、恋に落ちて、お付き合いをして…
なんて少女漫画みたいな出逢いを1度は考えたことがあるのではないでしょうか。
筆者が考える理想の結婚とは「お互いがお互いを思いやることが出来る」結婚です。
結構難しいですよね。ざっくばらんに言うと簡単に言えますが、では「お互いがお互いを思いやる」とはどういった事なのでしょうか?
あくまでも筆者目線なのですが「思いやる」ことは「当たり前の事を当たり前にする」ことだと思うのです。
結婚する相手は将来ずっと一緒にいる事を約束した相手。
長い年月「当たり前の事を当たり前にする」ことってとても難しいですよね。
でも、その中でも「ありがとう」「ごめんね」を大切にしていきたい。
「ありがとう」「ごめんね」がきちんと言える大人は一体何人いるのでしょうか。
子どもの頃は「ありがとう」「ごめんね」が言えていても、大人になるにつれて変な意地があったり、自分の考えが正しいと思ったり、心から言えない時の方が多いのではないでしょうか。
では、その「ありがとう」「ごめんね」を素直に言うにはどうしたらよいのでしょう。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約