ブログ

2017.05.27

ガータートス2

前回の「ガータートス」の続き。
「ガータートス」という演出は日本人には相当刺激が強そうですよね。笑
それでは、どのように「ガータートス」を行うかと言うと…外国では抜き取ったガーターは、野球ボールやラグビーボールにつけて投げるそうです。
参加をするのは男性ゲスト。ブーケトスと同じように、皆に背を背け後ろを見ないまま新郎が投げてキャッチした男性が「次に結婚できる」と信じられています。
また、花嫁が右足につけていたガーターはとっておき、赤ちゃんが生まれた時にヘアーバンドとして使用すると、幸せになれるとも言われているそうです。
ヨーロッパに伝わるおまじないで「サムシングブルー」というものがあります。
“花嫁が青色のものを身に着けると幸せになれる”というおまじないです。
海外の人は、この迷信を信じて青色を取り入れる方も多いようです。
また「ガーター」と聞くと、少し恥ずかしいイメージがあるかもしれませんが、カジュアルでとてもかわいい物や、手作りでファンキーな物、キャラクター物等色々あるようです。
いつか日本にも「ガータートス」ブームが来るかもしれませんね。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約