ブログ

2017.06.16

授かり婚について

近年様々な結婚の挙げ方がありますね。
「授かり婚」もそのひとつ。

「結婚しているし、授かっているし、ダブルでおめでたい結婚!」
という認識が近年では見受けられます。

ひと昔前は、正直イメージはそんなに良くなかったと言われていますね。
「授かり婚」のネーミングも違いましたし、捉えられ方も違いました。

「順序が違う」等の意見も多々あり、おめでたい事なのに表立って喜ぶことができない風潮がありました。

現代でこそ「授かり婚」と言われ、認知されてきてはいますが
いまだに少し難しい結婚なのかもしれませんね。それぞれ思う事は違うので色んな意見があって当たり前だと思いますが
固定概念を変える事はとても難しいことだなと思います。

「授かる」事は神様からの贈り物。命とはとても尊い物です。

また、1人では授かる事は出来ないし、相手がいてこその「授かり」
想いあって授かる事が出来るのは、本当にうれしいことですよね。

「授かり婚」上記でも述べた通り「ダブルでおめでたい結婚!」だと筆者は思います。
色んな人がいて、色んな結婚の形がある。
価値観も違えば捉え方も違う。

自分達に見合った結婚の方法が見つかるといいですね♪

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約