ブログ

2017.10.03

マリッジブルー解決策

結婚前にじわじわ来ると言われている「マリッジブルー」
主にマリッジブルーは、一般的に告白を受けた側(たいていは女性)になりやすいと言われています。
ですが、侮ることなかれ。プレッシャーから男性もしかり。です。
今日はそんな憂鬱なマリッジブルーの解決策を考えてみたいと思います。

マリッジブルーとは、永遠を誓う前に「本当にこの人で良いのだろうか…」と、
一度は「この人しかいない!」と思ったのに、深く考え込んでしまうことですよね。

パートナーとの将来を夢見て、とても気分よく結婚準備等を行っていたのに
ここに来て、本当によかったのか…と、、、。
悲しいことですが、どうしようもないですね。
この期間はちょっとしたことでも「やっぱり違う!」「いやだ!」「こんなはずじゃなかった!」
等思いこんでしまうこともしばしば。

そもそもマリッジブルーの原因はなんだ?
と考えてみたら、男女ともに多少の違いはあるものの、いくつか共通する原因と考えられるものがありました。

≪原因と考えられるもの≫
・結婚後の生活に関する不安
・この相手と一生やっていけるかという不安
・同棲に関する不安
・相手との金銭感覚の相違
・プライベート時間の減少

上記理由が、男女ともに多いのではないかと感じました。
それでは、上記理由を解決するにはどうすればよいのでしょうか…?

解決方法についてです。

〇2人で遠くに旅行に出かけてみる
マリッジブルーの要因の一つとして、忙しいけどやることはいっぱい…
心の余裕が亡くなってしまうことによっての自信安儀にかかってしまうこともあげられると思うのです。
結婚は1人の問題ではありません。
お互いを見つめなおすためにも、また、ゆっくりとした2人の時間を大切にするためにも
いつもとは違う環境で過ごすことは、とてもいいことだと思います。

〇今何が不安なのかを書き出してみる
「今何が不安なんだろう…」
マリッジブルーって、漠然とした不安が沢山あると思うのです。
その不安を解消するために、まずは何が不安なのか、自分はどうやって感じているのか
正直に紙に書き出してみてはいかがでしょうか?
書き出すことによって見えてくる自分の本音もあるかと思います。
また、悩みを明確にすることによって解決策も見えてくるはず。

すぐに全部の悩みを解決することは難しいですが、ひとつひとつ順を追って解決していくことにより
いつの間にかマリッジブルーはなくなっているのではないでしょうか。

〇両親と話してみる
自分の一番身近で結婚している人…!そう、両親です。
万が一相手の気持ちがわからなくなった時は、女性ならお父さん、男性ならお母さんに
結婚前はどんな気持ちだったか聞いてみてはいかがでしょうか。

相手の不安な心や、自分の気持ち等、見えてくることも多いと思います。
一呼吸おいて相手を見つめなおす。また、自分の気持ちも見つめなおす。
とても大切な事ですね。

〇自分の直感を信じる
最後はもう、自分の気持ちを信じる他ありません。
自分で決めた人。間違いはないと信じてついていってみてはいかがでしょう。
男性は、しっかりとその手でパートナーを守り切れるように、自分に自信をつけてください。
どちらかが頑張るだけではできない結婚。
マリッジブルーになったときは、一度お互い頭を冷やして
またその期間に相手と向き合えるように気持ちを立て直していきましょう。

結婚がゴールではありません。
2人で歩んでいくと決めた、スタートですよ♪

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりが手作りで結婚指輪・婚約指輪を作ることが出来る、手作り指輪専門のお店です(東京・表参道)。「世界にひとつの結婚指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒に手作りでカタチにしていきます。指輪を作ること自体が初めての経験なので、きちんと指輪が手作りでできるのかという不安もあると思いますが、ご安心ください。プロの職人がマンツーマンで二人の指輪作りをサポートしますので、理想の結婚指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただきます。指輪の原型が完成しましたら、ここからは私たちプロにお任せください。プロの職人がお二人が手作りされた原型から指輪を一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEでは、プロが作る指輪と同じ製法で作り上げますので、手作りだからといって市販のものより強度が落ちるようなことはありません。おふたりのご自分の手で作った結婚指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています

電話で相談する
ご来店予約