ブログ

2017.10.19

結婚ラッシュ

結婚・結婚・結婚…

結婚って続きますよね。
ラッシュの一回目。まずは20代前半。
そして少し落ち着いたかな、と思ったら20代後半から30代前半にかけて
私の周りは怒涛の結婚ラッシュでした。

結婚ラッシュとなると、そう。ご祝儀問題が出てきますよね。
おめでたいことだし、出来れば避けて通りたい!
…と思うけど避けて通れないのがご祝儀問題。。

遠方の友達となると、ご祝儀代+交通費。
仲のいい友達であれば2次会や3次会も参加したい!…となるとどうしてもかさんできてしまう出費。

月に1件だと何とかなりそうですが、2件、3件と続くと涙もの。
嬉しい気分で祝ってあげたいですが…それでは、重なった時はどうしたら良いのでしょうあ?

最近は、昔に比べてご祝儀の額に制限がなくなってきたと言われています。
割り切れる数字はあまりよくないとされていましたが「2」はペアを表す為
2万円を包んでも良し、とされる風潮になってきていますね。

少し恥ずかしい思いが心のどこかにあるかもしれませんが
友達だってあなたに無理強いしてきてほしくはないはず。

また、仲の良い友達、話しやすい友達であれば、正直に諸事情を話してみるのも一つの手かもしれません。

次は結婚ラッシュとご祝儀問題です。

結婚式を挙げる人は、ご祝儀目当てであげているわけではありませんよね。
なので、少し自分の経済状況的に厳しいのであれば、正直に友人に伝え、
他にお手伝い出来ることや、力になれることを、率先して手伝ってあげてみればいいのではないのでしょうか。

恥ずかしい話、私もご祝儀貧乏な時期がありました。
けれども正直に友達に話し、ウェルカムボード、リングピローづくりを手伝わせていただきました。

「気持ちが金額では表せない。」
「私たちの為に一生懸命作ってくれたり、考えてくれた、その気持ちでじゅうぶんだよ。」
と友達夫妻に言われたときは涙が出そうでした。

結婚式当日。それはそれはとても素敵な式でした。
また、式が終わった後に、サプライズでアルバムもプレゼントしました。

払えなかったから、落ち込む。のではなく、
「おめでとう」の気持ちを前面に伝えて祝福する。
ことが一番大切で、一番気持ちも相手に伝わるんだなと感じた出来事でした。

どうしよう、と悩んでいる方。
勇気を出して友達に相談してみてもいいのかもしれません。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりが手作りで結婚指輪・婚約指輪を作ることが出来る、手作り指輪専門のお店です(東京・表参道)。「世界にひとつの結婚指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒に手作りでカタチにしていきます。指輪を作ること自体が初めての経験なので、きちんと指輪が手作りでできるのかという不安もあると思いますが、ご安心ください。プロの職人がマンツーマンで二人の指輪作りをサポートしますので、理想の結婚指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただきます。指輪の原型が完成しましたら、ここからは私たちプロにお任せください。プロの職人がお二人が手作りされた原型から指輪を一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEでは、プロが作る指輪と同じ製法で作り上げますので、手作りだからといって市販のものより強度が落ちるようなことはありません。おふたりのご自分の手で作った結婚指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています

電話で相談する
ご来店予約