ブログ

2017.10.23

日本と外国の様々な違い

日本での「結婚」の意味は、「恋人」から「家族」「夫婦」になることを意味されていますね。
日本の民法では「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と決められています。

最近では日本の「主夫」をする人が、ある調査結果では5年で3倍に増えているとも言われているようです。
また、アメリカでは200万人ほどの「主夫」がいらっしゃるとか!
アメリカはご育ては夫婦でするもの。男性の活躍も目覚ましいですね。

「アメリカは男の人が育児も家事も手伝ってくれるのに、日本なんて…!」
…そう思ってしまいがちなんですけど、違うんです。日本の男性は、手伝いたくても手伝えない「環境」にいるのが現実です。

アメリカは国を挙げて夫が妻を助ける事を認めてくれています。
企業でもそうです。夫も気兼ねなく「育児休暇」を取得できる企業が増えていると言われていますね。

ですが日本はどうでしょう?
男性の育児休暇を快く了承してくれる企業はいくつあるでしょうか?
女性の育児休暇ですら快く了承してくれる企業も沢山あるとは言えない環境の中、男性の育児休暇なぞもってのほか。

ひとつの命が誕生すると言うのに…もっと温かい精度が日本に増えてくれることを願うのみですね。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりが手作りで結婚指輪・婚約指輪を作ることが出来る、手作り指輪専門のお店です(東京・表参道)。「世界にひとつの結婚指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒に手作りでカタチにしていきます。指輪を作ること自体が初めての経験なので、きちんと指輪が手作りでできるのかという不安もあると思いますが、ご安心ください。プロの職人がマンツーマンで二人の指輪作りをサポートしますので、理想の結婚指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただきます。指輪の原型が完成しましたら、ここからは私たちプロにお任せください。プロの職人がお二人が手作りされた原型から指輪を一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEでは、プロが作る指輪と同じ製法で作り上げますので、手作りだからといって市販のものより強度が落ちるようなことはありません。おふたりのご自分の手で作った結婚指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています

電話で相談する
ご来店予約