ブログ

2017.11.25

結婚後に妻に変わらないでいて欲しいこと

こんにちわ。今日は既婚男性が結婚してもここだけは変わらないで欲しい!と思っている事について、です。
「こんな気持ちなんだ」「それは理想でしょ」等沢山の意見があると思いますが…。
それでは、ご紹介します。結婚後に妻に変わらないでいて欲しいこと。です。

▼好きだという気持ち
結婚前、結婚当初に持ち合わせていた「好き」という気持ち。
子どもが出来ても、自分に対する気持ちは変わらないでいて欲しい。と思う男性が多いようです。
また「母」ではなく自分にとっては「恋人」でいて欲しい男性もいるのだとか。
子どもの事で手いっぱいで旦那にまで手が回らないわよ!とは言わず
たまには甘えて、しっかりと気持ちを伝える日を作ることも大切ですね。

▼性格
付き合ってた頃はあんなに優しかったのに…結婚したら違う。。
そんなこと思いたくない!といった男性が沢山います。
結婚の決め手も「性格の一致」をとても大切にしている人も多いようです。
釣った魚にエサはやらない、ではないですが、出来ればその性格を持続して欲しい、といった男性の願いもあるようです。

▼出かける時に化粧をする
子どもが出来たり、2人暮らしの時間が長いと、なあなあになってしまうもの。
独身時代のバリバリメイクまではいかずとも、いつまでも「綺麗な奥さん」でいて欲しいと願う男性は多いようです。

▼俺のことを忘れないで欲しい
たまには、たまには。僕の事を好きだと言って欲しい!かまって欲しい!
と思ってる方も沢山いるのです。
これが一番男性の切実な願いでもあるそうで。
子どもが1番なのもわかってる!でも…でも俺の事を忘れないで欲しい。
っという人が多かったです。

結婚してもお互いを思いやる気持ちは忘れずに
日々の忙しさを理由に相手に気持ちを伝えないのではなく、忙しい中でもしっかり気持ちを伝えることが大切だな。
と、改めて感じました。
エスパーではありませんからね。言葉にしないと伝わらない気持ちも沢山あると思います。
後は、男性はやっぱりちょっと、甘えん坊な部分もあるのかな、と今回の記事を書いていて思いました♪

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約