ブログ

2015.11.21

手作り結婚指輪のプロと同じロストワックス製法

手作り結婚指輪の専門店RITOEでは、おふたりがご自身の手で結婚指輪を作ることが出来ます。

そこで何回かに渡って指輪の作り方を説明してきましたが、今回もロストワックス製法について書いていきたいと思います。

ロウソクと似た、ロウ素材のワックスを使い指輪を作っていくロストワックス製法は、指輪制作において最もポピュラーで、プロと同じ作成方法になります。

一般的にジュエリーショップで売られている指輪は、まずはじめに原型職人さんが指輪の原型を作り、その指輪の原型のゴム型をたくさん作ります。

ゴム型とは、指輪の隅々までを再現できるように、ゴムで型をとったものになり、その中に原型製作時とは別の、専用のワックスを流しこむことで、ワックス原型を量産することが出来ます。

そして、そのゴム型から作られたワックス原型を鋳造し、仕上げていくことで、同じ指輪を大量に生産することができるのです。

おふたりが作るワックス原型は、ゴム型を取り、再利用をすることはありませんので、世界に一つの結婚指輪を作ることが出来ます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約