ブログ

2015.11.22

手作り結婚指輪のロストワックス製法は安全です

東京の表参道で、手作り結婚指輪、婚約指輪の専門店を構えていますRITOEです。

何回かに渡ってこのブログで、指輪作りにおいて最もポピュラーなロストワックス製法について書いてきましたが、本日もご紹介したいと思います。

ワックスを使用して、鋳造し指輪を作っていくロストワックス製法ですが、国内外問わず、一流ブランドでも採用されている最もポピュラーな方法です。

RITOEでも採用しているにも様々な理由があり、まず第一に”安全”ということがあります。

ワックスで指輪を作る際に使う工具は、ヤスリや糸ノコギリなどのアナログな工具ばかりで、一歩間違えると大きな怪我をするような工具は使っていません。

そして初めての方でも簡単に削って、形を作ることが出来るので、デザインの幅を広げることが出来るのも特徴です。

制作時間もデザインにはよりますが、3時間ほどで作ることをRITOEでは実現しています。

次回は金属を叩いて指輪を作る、鍛造方法と比較してみたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約