ブログ

2015.11.23

手作り結婚指輪のロストワックス製法と鍛造における納期

「世界に一つの結婚指輪をふたりで作りたい!」

リトエはそんなおふたりの希望を叶える、手作り結婚指輪の専門店です。

リトエの手作り結婚指輪は、指輪ができるまでをロストワックス製法で作っています。

前回はロストワックス製法と鍛造における、デザインの自由度について書いてきました。

デザインの自由度についてはロストワックス製法の方がさまざまなデザインを手作りすることができますが、今回はそれぞれの納期について書いていきます。

まずロストワックス製法ですが、おふたりに行っていただくのが、ワックスで作る指輪の原型までになります。

そこから一度お預かりをして、プロが仕上げをしていきます。

お店にもよりますが、完成までは平均して1か月ほどかかるのが一般的です。

鍛造については、金属を叩いて指輪を作っていきますので、最後の仕上げまでおふたりが携わることができます。

ダイヤモンドを追加や、特殊な加工を追加することがなければ、当日お持ち帰りすることができます。

次回はそれぞれを比較した内容をまとめていきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約