ブログ

2015.11.26

手作り結婚指輪のつけ心地のこだわりは、内側だけではありません

世界に一つの結婚指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店リトエ。

リトエでは、おふたりが一生身につけることが出来る結婚指輪が作れるように、ご一緒に形にしていきます。

永く結婚指輪をつけるために、大切なことが指輪のつけ心地です。

指輪のつけ心地は指輪の内側だけが取り上げられることが多いですが、外側も大きく関係してきます。

甲丸デザインのように、全体的に丸みのあるデザインはつけ心地がいいことが多いですが、丸みのあるデザインでもバランス悪く分厚いデザインではつけ心地が悪くなることがあります。

それは、指を閉じた時に締まりが悪くなることがあるからです。

分厚いデザインの場合、指がしっかり閉じず、両隣の中指と小指に負荷がかかってしまいます。

つけ心地を考えると、指輪のバランスもとても重要です。

次回は、指輪の外側のつけ心地について、平打デザインなどのエッジがきいたものや、重さについて、さらに書いていこうと思います。

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約