ブログ

2015.11.27

手作り結婚指輪の重さが関わるつけ心地

結婚指輪をおふたりで手作りすることが出来る、手作り結婚指輪の専門店RITOEです。

RITOEは、東京の表参道にお店を構え、JR原宿駅から徒歩6分、東京メトロ表参道駅から徒歩6分、東京メトロ明治神宮前駅から徒歩3分の、アクセスにとても便利な位置にあります。

おふたりにとって、一生ものの結婚指輪を、永くご愛用していただきたいと思い、指輪の仕上げにも特にこだわりを持っています。

指輪のつけ心地について書いてきましたが、今回は重さが関わる指輪のつけ心地について書いていこうと思います。

結婚指輪の重さですが、デザインや金属にもよりますが一般的には、ペアで6?9グラム程です。

あまりにも軽すぎる指輪は、つけ心地の以前に強度が心配になります。

逆に重すぎる指輪は、肌が触れる面積が増えますので、圧迫感も増すということになります。

指輪を着け慣れている方であれば、大きくて重いほうが好みということもありますが、初めての指輪が結婚指輪という型は、しっかり試着をすることをおすすめします。

次回も重さについて書いていきます。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約