ブログ

2015.11.27

手作り結婚指輪が重すぎる場合

手作り結婚指輪の専門店RITOEでは、おふたりだけの世界に一つだけの結婚指輪を叶えることが出来ます。

見学や体験も出来ますので、お気軽にお越しいただければと思います。

前回に引き続き、指輪の重さがつけ心地に関わる影響について書いていきたいと思います。

指輪が重いと、単純に指が凝ることがあります。

この凝る感覚は、それぞれ差がありますので、一概には言えませんが、以前聞いた職人さんの個人的な意見によると16グラム以上はおすすめ出来ないと言っていました。

前回も書きましたが、結婚指輪の重さの平均はペアで6?9グラム程なので、1本16グラム以上とは、凄い指輪になりそうです。

なかなか16グラム以上をこのまれる方は少ないと思いますが、確かに16グラムもの指輪を薬指に着けていたら指輪が凝りそうです。

指輪は着けてる感があまりないものを好む方もいれば、着けてる感を好む方もいるので、重さの好みも様々ですが、いろいろと試着をすると好みも見えてくると思います。

RITOEでも、様々なデザインサンプルがありますので、お気軽にお越しください。

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約