ブログ

2015.12.01

手作り結婚指輪の寸法バランス

9

手作り結婚指輪の専門店リトエです。

長く指輪の寸法について書いてきましたが、今回は全体のバランスについて書いていこうと思います。

指輪の寸法はデザインによっては、部分的に変わることがあります。

写真の指輪のように、手の甲側に斜めにデザインが入っている場合ですと、手のひら側と比べて少し高さを出してあげます。

例えば1.5ミリの厚の指輪だとして、斜めのデザインの部分も同じ寸法で作ってしまうと、その部分だけ華奢に見えてしまいます。

斜めにデザインが入るということは、高いところと低いところが出来るためです。

バランスの良いデザインにするためには、寸法を部分的に変えて作る必要があります。

寸法を部分的に変えるというバランスについては、甲丸デザインや平打デザインなどの、一般的に全体的に同じ寸法で出来ているデザインについても当てはまることがあります。

甲丸デザインや平打デザインにおける寸法を変えることについて、次回書いていこうと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約