ブログ

2019.07.22

S字ウェーブの手作り結婚指輪

S字ウェーブの結婚指輪の特徴や、つくり方についてご説明いたします。

結婚指輪を身に着ける指は左手の薬指が一般的です。
一般的に考えるのであれば、身に着ける指は決まっているということになります。

ストレートの指輪を身に着けてみるとわかりますが、しっかり指の奥まで指輪を入れて、指を閉じると指輪が斜めになると思います。
この指輪が斜めになることは、薬指自体が斜めに配置されているので皆さまこうなります。

人によってはこの指輪が斜めになることが気になる方もいます。
よりよく指本を美しく見せる方法を考えた結果、S字ウェーブの指輪がおすすめになります。

S字ウェーブのデザインは初めから斜めのデザインになっているので、斜めになること事態が自然です。
左手の薬指の場合は、左手の指が右上がりになってりるので、右上がりにS字ウェーブを作ると指輪と指の流れが同じになり、指元を美しく見せます。

S字ウェーブの指輪を作る時は、指輪の流れをどのように作るかを考えてください。
結婚指輪でしたら通常右上がりがお勧めです。
左上がりのS字ウェーブはデザイン重視の場合です。

色々と試着をし、どちらがシックリくるか試してみてください。

※結婚指輪のデザインギャラリーはコチラ

 

 

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約