ブログ

2015.11.24

手作り結婚指輪のロストワックス製法と鍛造のまとめ

リトエは東京の表参道にある、手作り結婚指輪の専門店です。

おふたりだけの世界に一つの手作り結婚指輪を叶えることが出来ます。

指輪作りにおいてポピュラーなロストワックス製法と、鍛造を比較してきましたが、今回はまとめていきたいと思います。

ロストワックス製法は、ワックスと呼ばれるロウ素材を自由に切ったり削ったりして、指輪の原型を作っていきます。

原型が完成しましたら一度お預かりをして、プロが仕上げをしていきます。

鍛造は、金属を直接叩いて指輪を作っていきます。

デザインの自由度は低いですが当日完成するところが魅力です。

価格についてですが、デザインの自由度が高いロストワックス製法は、デザイン次第で価格が大きく異なります。

鍛造での手作りは、デザインが限られているためリーズナブルなお店が多いです。

最後の仕上げをプロに任せるロストワックス製法か、最後の仕上げまで携われる鍛造か、好みはわかれると思いますが、世界に一つの結婚指輪が作れるという点では、どちらも魅力的な指輪が出来ると思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.23

手作り結婚指輪のロストワックス製法と鍛造における納期

「世界に一つの結婚指輪をふたりで作りたい!」

リトエはそんなおふたりの希望を叶える、手作り結婚指輪の専門店です。

リトエの手作り結婚指輪は、指輪ができるまでをロストワックス製法で作っています。

前回はロストワックス製法と鍛造における、デザインの自由度について書いてきました。

デザインの自由度についてはロストワックス製法の方がさまざまなデザインを手作りすることができますが、今回はそれぞれの納期について書いていきます。

まずロストワックス製法ですが、おふたりに行っていただくのが、ワックスで作る指輪の原型までになります。

そこから一度お預かりをして、プロが仕上げをしていきます。

お店にもよりますが、完成までは平均して1か月ほどかかるのが一般的です。

鍛造については、金属を叩いて指輪を作っていきますので、最後の仕上げまでおふたりが携わることができます。

ダイヤモンドを追加や、特殊な加工を追加することがなければ、当日お持ち帰りすることができます。

次回はそれぞれを比較した内容をまとめていきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.23

手作り結婚指輪のロストワックス製法と鍛造のデザインの自由度

手作り結婚指輪の専門店リトエは、東京の表参道にて、活動しています。

前回はロストワックス製法と鍛造について比較してきましたが、今回はデザインの自由度や、完成までの納期について比較していきたいと思います。

まずデザインの自由度についてです。

手作り結婚指輪の専門店リトエで採用しているロストワックス製法ですが、指輪つくり初心者の方でも、簡単に削って形を作ることが出来るので、さまざまなデザインを作ることが出来ます。

リトエのホームページでも、結婚指輪のギャラリーページがありますが、すべてロストワックス製法で作られた指輪なので、すべて手作りすることが出来ます。

鍛造についてですが、金属を直接叩いて作るので、デザインはシンプルなものにかぎられます。

ストレートの甲丸、平打ち、鎚目などのデザインに絞られるのが一般的です。

お店によっては、指輪の内側に入れる刻印のみを打つことが出来るコースもあります。

デザインの自由度においてはロストワックス製法の方が幅が広いといえます。

納期については次回書いていきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.22

手作り結婚指輪のロストワックス製法と鍛造を比較

世界に一つの結婚指輪を、おふたりの手で作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店RITOEです。

東京、表参道にてお店を構え、日々世界に一つの手作り結婚指輪が生まれています。

本日はRITOEでも採用している指輪作りで最もポピュラーなロストワックス製法と、金属を叩いて作る鍛造の比較をしたいと思います。

比較の基準は、初めて指輪を作るおふたりにとって、どちらを選ぶほうが理想の指輪に出会えるかで考えたいと思います。

まず作り方の違いですが、ロストワックス製法では専用のワックスを使用し、ヤスリなどで削りながら指輪の原型を作っていきます。

鍛造では、バーナーで金属を溶かし、叩いて伸ばし、輪っかにしていきます。

作り方で特徴的なのが、ロストワックス製法では、ヤスリなどの工具で作っていくので、安全性がとても高いです。

一方鍛造では、火を使ったりとても危険な工程も多いので、注意をして指輪作りをしなければなりません。

次回はデザインの自由度や、納期について書きたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.22

手作り結婚指輪のロストワックス製法は安全です

東京の表参道で、手作り結婚指輪、婚約指輪の専門店を構えていますRITOEです。

何回かに渡ってこのブログで、指輪作りにおいて最もポピュラーなロストワックス製法について書いてきましたが、本日もご紹介したいと思います。

ワックスを使用して、鋳造し指輪を作っていくロストワックス製法ですが、国内外問わず、一流ブランドでも採用されている最もポピュラーな方法です。

RITOEでも採用しているにも様々な理由があり、まず第一に”安全”ということがあります。

ワックスで指輪を作る際に使う工具は、ヤスリや糸ノコギリなどのアナログな工具ばかりで、一歩間違えると大きな怪我をするような工具は使っていません。

そして初めての方でも簡単に削って、形を作ることが出来るので、デザインの幅を広げることが出来るのも特徴です。

制作時間もデザインにはよりますが、3時間ほどで作ることをRITOEでは実現しています。

次回は金属を叩いて指輪を作る、鍛造方法と比較してみたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.21

手作り結婚指輪のプロと同じロストワックス製法

手作り結婚指輪の専門店RITOEでは、おふたりがご自身の手で結婚指輪を作ることが出来ます。

そこで何回かに渡って指輪の作り方を説明してきましたが、今回もロストワックス製法について書いていきたいと思います。

ロウソクと似た、ロウ素材のワックスを使い指輪を作っていくロストワックス製法は、指輪制作において最もポピュラーで、プロと同じ作成方法になります。

一般的にジュエリーショップで売られている指輪は、まずはじめに原型職人さんが指輪の原型を作り、その指輪の原型のゴム型をたくさん作ります。

ゴム型とは、指輪の隅々までを再現できるように、ゴムで型をとったものになり、その中に原型製作時とは別の、専用のワックスを流しこむことで、ワックス原型を量産することが出来ます。

そして、そのゴム型から作られたワックス原型を鋳造し、仕上げていくことで、同じ指輪を大量に生産することができるのです。

おふたりが作るワックス原型は、ゴム型を取り、再利用をすることはありませんので、世界に一つの結婚指輪を作ることが出来ます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.21

手作り結婚指輪のロストワックス製法の流れ

25

手作り結婚指輪・手作り婚約指輪の専門店RITOEは東京の表参道にお店を構えています。

指輪の作り方として、RITOEが採用しているロストワックス製法について、深く書いていきたいと思います。

まずはじめに使用するのが、ろうそくのロウと同じような素材のチューブワックスを使用し、指輪の原型を作っていきます。

ワックスはロウ素材なので、ヤスリなどで簡単に削ることが出来ます。

ワックスで作った、指輪の原型が完成しましたら、専用の工場で鋳造を行います。

ワックスに湯道と呼ばれる、写真の指輪と指輪を固定している枝のようなものをくっつけて、ゴムの台に固定します。

容器でフタをしまして、その中に水で溶かした石膏を流し込みます。

石膏が固まりましたら、加熱してワックスを溶かして取り出します。

作った指輪の原型と同じ空洞が石膏の中に出来上がります。

その中にプラチナやゴールドなどの貴金属を流し込むと、作った指輪が金属に生まれ変わります。

湯道を切り離し、仕上げをすると指輪になるという流れです。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.20

手作り結婚指輪のロストワックス製法

手作り結婚指輪、婚約指輪の専門店RITOEは、東京の表参道にお店を構えています。

日々、世界にひとつの手作り指輪が生まれています。

実際指輪を作るときに気になるのが、具体的な指輪の作り方です。

そこで、様々ある指輪の作り方をご紹介したいと思います。

まずRITOEでの指輪作りですが、ロストワックス製法という、指輪の作り方を採用しています。

これは、ワックスというロウ素材を使い、ワックス原型を作ってから鋳造をしていくという方法です。

指輪を作ると聞くと、金属を叩いて作ることをイメージする方も多くいらっしゃると思います。

金属を叩いて作る方法は、鍛造という作り方です。

その他には、CADで作る方法もあります。

パソコン上でデザインを設計して作っていきます。

大きく別けると、ロストワックス製法、鍛造、CADが指輪を作る方法として有名な方法です。

次からは、RITOEで採用しているロストワックス製法での指輪作りを中心に、指輪を作る方法をご紹介していきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.20

手作り結婚指輪に必要な工具

7

結婚指輪、婚約指輪をおふたり自身で作ることができる、手作り指輪の専門店RITOEでは、指輪を作るための工具を紹介していきたいと思います。

ここに並んでいる工具は一部ですが、順番に説明していこうと思います。

写真の上の方にある、瓶に入った緑色の棒状のものですが、こちらはチューブワックスと呼ばれるもので、指輪の原型をつくるためのもとになります。

真ん中にあるノコギリは、チューブワックスをお好みの太さに切るときに使います。

その隣の黒い棒ですが、こちらはサイズ棒になります。

指輪のサイズを測るときに使います。

その隣糸ノコギリです。

指輪の余白を大まかに切ったり、細かいラインのデザインを入れるときに使います。

小さなバケツにはケガキコンパスが入っています。

このケガキコンパスでは、切ったり削ったりするときの目印を付けるのに便利です。

そして両サイドにはヤスリが置いてあります。

ヤスリは様々な形があり、工程ごとやデザインによってうまく使い分けます。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

2015.11.19

手作り結婚指輪RITOEの小さな手作りブーケ

10

結婚指輪を東京で作ることができる、手作り結婚指輪専門店のRITOEでは、ものづくりの魅力を共有できたらと思い、スタッフも様々なものの手作りに挑戦しています。

その一つがこちらのお花のブーケになります。

結婚指輪を手作りするおふたりに、指輪と一緒に素敵な想い出も作っていただきたいと思い、細かい装飾にもこだわりました。

前回でもブーケについて書きましたが、今回は前回よりも小さめのブーケを紹介です。

こちらのブーケは一番多く同じものを作ったので、店内でも一番目にする機会が多いブーケになります。

こちらのブーケのコンセプトですが、おふたりが結婚を誓い合う、チャペルを彩るブーケをイメージして作りました。

写真ではおふたりの結婚指輪を作成する作業机にくっつけてあります。

作業机の両端にブーケをつけてあるので、結婚指輪を作っている制作風景がとてもはえます。

白を基調としたシンプルな内装に、チャペルをイメージしたブーケと作業机。

ぜひカメラをお持ちになってお越しください。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約